S-L&Pルーム合同イベの賞品追加と年度表彰の提案

こんばんわ、うがっちです^^


すっかり更新ペースが落ちちゃいましたねぇ^^;
まあしばらくはこんな感じでいこうかなと思います


そーいえば、このところレースでの性格の成長が以前よりも大きくなったっていうか、維持しやすくなった気がするんですよね。
連戦してても落ちにくくなったというか。
性格の理解が深まって落ちすぎないように気をつけるようになったってのもあるのかもしれませんが、それだけでもないような??
気のせいかなぁ。

さて、今日は会関係のお知らせなどです。


合同イベント賞品追加


え~、イベントに賛同しときながらすっかり賞品提供を忘れていたオマヌケさんですスミマセンm(_ _;)m

モモさんに比べるとちょっとしょぼくなってしまいますがうちから提供するのは以下のとおりです。

総合賞金1位  オオクワガタ、コクワガタ、血統大辞典、生産ガイド、白毛にんじん
総合賞金2位  シマウマ(SR)、ヘラクレスオオカブト(SR)
総合賞金最下位 柏木の本命チョコ

各部門1位 限界突破+50%、限界上昇+5、全相馬眼、現相馬眼 
各部門2位 シマウマ(R)、祭り馬(R)、ヤギ(R)


とりあえずこんな感じで。
ええ、100Sイベの時は本気出します(あるのか?


年度表彰形式変更検討中


開始当初はGⅠ勝利馬が少なく『代表馬なし』になる恐怖がつきまとっていた年度表彰ですが、最近はGⅠ複数勝利馬同士のハイレベルな選考が続くようになりました。
それに伴い、立派な実績を残したのに表彰から漏れてしまうという馬もチラホラと出るようになりました。
また、少ないのに比べれば遥かに喜ばしいことではあるのですが、最近は重賞がズラッと並んでもほとんど特定の馬主で、少々食傷気味なところもありそうです^^;

ということで、重賞を列挙するのをやめ、その代わり現実のように幾つかの部門に分けて表彰しようかと考えています。

とはいえ、さすがにうちの会だけでは厳しいので、今回合同イベントをやっている縁もありますし、両馬主会グループを掛け持ちしている会員もいるということもあり、Pルームグループと合同で表彰式を開催するようにしたらどうかなと考えています。

部門的には

最優秀2歳馬、最優秀3歳馬、最優秀古馬、最優秀短距離馬(~1900m)、最優秀中長距離馬(2000m~)、最優秀牝馬、最優秀種牡馬
それにLegendグループ代表馬、PRグループ代表馬
で、2グループ合同代表馬(年度代表馬)

部門数はもう少し削るかもしれませんが、こんな感じでやれないかなと。

この数S、2グループを合わせれば総GⅠの3分の1程度を勝っているので、GⅠが少ない2歳を除けば該当馬なしという事態はあまり起きないんじゃないかと思います。


で、ここがキモなんですが、うちとPルームで、

表彰を持ち回り

でやれないかなとw

Pルームの番の時は今までどおりカミさんがやってもよし、モモさんやラジョさんがやっても良し。
Pルームはブロガー多いですし。

各グループの代表馬だけはそれぞれのグループで決めて、残りはそのSの担当者にお任せw

どうせなら両グループで表彰部門をいくつ取れるか予想イベントやってもいいかもですね。

まあ、これはうち1人で決められることではなく、Pルーム側の都合もあるでしょうし、今は提案だけしておきます。
良かったら検討してみてくださいな^^

・・・実際やってみて思った以上に大変だったらやめるかもですが(ぉ

あ、合同で行おうと考えているのは馬に関してのみで、
うちのグループの最多獲得賞金や最多勝、馬主レベルアップなどのプレイヤーへの表彰は別枠で、今まで通り行うつもりではいます。


今回は身内ネタだけで申し訳ないですm(_ _;)m
でわでわ~
スポンサーサイト

いやぁ、すごいですね^^

こんばんわ、うがっちです^^

連発ですけど今日はたいしたネタはなく・・・w

昨日の記事ですけど、万能もスペもどっちも長所はありますよーって結論ありきで記事書いちゃったんで、衰退に関してちょっと盛り過ぎました^^;

国内で2連闘⇒放牧くらいなら2~3回も得意調教すれば取り戻せますんで、余裕あるときに得意調教混ぜる事だけ心がけてれば、基本的にはそう酷いことにはならないです^^;

レースでの成長は相変わらず不明なんで、その点がどうにも難しいところではありますが。
うまくレース成長を引き出せれば、得意調教なしでも極めるところまでいくらしいです。

問題は、急仕上げで海外転戦するような場合ですね。
以前はそこまででもなかったですが、この前の番組表更新で海外レースが増えたために、結構こういうケースが出てきてるんですよね。
海外レースは遠征週と帰国週に調教できないので性格維持が厳しいです。
場合によっては帰国放牧を挟まずにビタシロ連発で調子を回転させた方が良い。という事もあるかもしれません。
なるほど、金使わせてナンボってことですね


・・・と、訂正というか言い訳というか、そういうのはこのあたりにして^^;;


ゆりあさんの記事、素晴らしいですね。

うちの手持ちのデータだとそこまで詳しくは残していないんですが、万能型の方が取得が早く、スペ型の取得に時間がかかる点、長所コメも短所コメも同一馬で4回以上出たことはない点は確認できました。
・・・でもこの記事を見るまで気付かなかった^^;;
何十頭分の調教履歴、コメ、全部残して仮説を組み、膨大な時間をかけて検証されたんでしょうね。
頭が下がります。

うちのブログ読むような方はまずゆりあさんのブログも読んでらっしゃると思いますが、もしまだの方がいましたら、是非読んでみてください。

本当に凄いです。


でわでわ~^^

性格よもやま話

こんばんわ、うがっちです^^


なんだか随分間隔開いちゃいましたね^^;
こまめに見に来てくれてる方には無駄足させちゃって申し訳ないですm(_ _)m

アレコレとネタは思い浮かぶんですが、いざ書こうとするとなんかめんどくなっちゃって^^;
バイオリズムの低下期なのかもですね。
放牧の必要アリかもw

さて、今日は性格の話をグダグダ書いてみますか。


弱調教はエコ?

夏目さんの記事、運営側からの目論見みたいなものまで推察してて、新鮮な見方で興味深いですね。

ただ、一点、【弱い調教=エサ(カード)の消費が少ない】という図式は今の仕様ではあまり成り立たない気がするんです。

弱い調教だと調子が上がらないのでレース間隔を詰めようと思ったら必然的に調子を上げるエサが必要になります。
『バナナがあるじゃん』
確かにそうなんですが、バナナは体重が+2㎏増えてしまいます。
弱い調教だと体重減らしにくいですし、減らすためにプールを入れてはますます調子が上がりません。

また、育成過程で弱い調教を続けていては十分な育成が出来ませんし、そうなれば放牧中に高額ペットを使うか、あるいはキリンやシンザン鉄で調教効果を嵩増しする必要があります。

結局、どう転んでもカードはたくさん使うしかないんですよね。
因果なゲームです( ;∀;)


極めた際の効果

以前書いたまとめで間違ったかもなーって思ってるのが、性格を極めた際の効果。
運営の説明(やや下部「ワンポイントアドバイス」)だと、極めればレースでマイナス効果でないしプラス効果アップするよって表現でどちらの性格極めても効果は同じと読めるんですが、ゲームバランス的に考えて両性格の効果を並べて書いたんじゃないかと思ったんです。
じゃないと差別化になりませんし。(運営は紛らわしい表現するのが伝統みたいになってるし)
なんで、まとめでは万能極=マイナスなし、スペ極=プラスアップ
って表にしたんですが・・・
どうもスペ型極めた時にマイナス効果が出てるかハッキリしないんですよね。
もしかしたらスペでも極めたらマイナスが出ないかもしくはかなり発動率が低くなってる可能性がありそうです。つまり、極めた際はどちらも同じという可能性も。


極めた状態維持の難しさ

実際に運用するようにって思ったのが、極めた状態をキープすることの難しさ。
なにしろ1週調教休めば衰退するんです。ざっくりと”1週休む=得意調教1回分衰退”みたいなイメージですね。

早い話が、連闘すると2戦目以降は極めた状態で戦うのはまず無理。
勝てば極めた状態をほぼキープできるのでまだいいんですが、それでもレース翌週調教を休めば次戦では性格が衰退した状態で戦うことに。
そしてそこで敗れて放牧した場合、帰厩時に1ランクコメが落ちてることもザラです。
それを取り戻したくても次の目標レースが近くて得意調教する間がないなんてことも良くあります。そこで負けたらもう泥沼w
性格を重視するなら、時にはレース間隔を長めにとって得意調教を積む期間を作るローテ作成も必要になりそうですね。


万能型とスペシャリストの優劣

上で述べたとおり連闘では性格を極めた状態を維持するのは難しいのですが、今の仕様的に連闘が多くなるのは避けられません。
となれば、性格衰退してもマイナス効果が出にくい万能型に安定感という面では軍配が上がりそうです。
・・・ただし衰えた性格を取り戻すには馬G前を続けざるを得ず、一旦放牧すると調子上げに苦労しますが。

こうして考えると、帰厩後に仕上げやすく1戦目に強いスペシャリスト、調子を上げづらいが連闘に強い万能型という差別化ができるのかもしれません。

なお、スペシャリストの方が評価が高い傾向があるようですが、うちは過半数万能型にしてます。
勝利数の割に賞金が多くてランキング上位にいるのは、良くも悪くもこのせいなのかもしれませんね^^;
勝率も連対率もそれほどでもないですが着を拾って細かく賞金稼いでます。
そんな万能型のうちの代表格は牝馬二冠のジンガロシュクリムで、性格は利口でした。

狙って万能型にするのは大変という声も聞きますが、併せして体重減ったら回復するまで馬G前。これ心がけるだけで結構なりますよw
初期値の違いか同じ調教しててもたまにスペにはなりますけどね^^;
もちろん併せ回数が減るデメリットを考慮して併せオンリーでスペ一直線というのも有力な選択肢には違いありません。


特殊調教の意図

ここまで書いてみて思いついたのが、先日運営が発表した特殊調教は、もしかしたらこの連戦時の性格衰退を解決するための方策なのかなと。
調子を維持しつつ性格をキープできれば、相当便利ですからね。
たっぷりカードを注いで育てた怪物馬が負けやすくなって(特に上位馬主に)溜まった不満を、連戦しやすくして勝つ機会を増やすことでバランス取ろうとしてる・・・んですかね。

だからといって落ちた調子を引き上げるのにはやっぱり反対ですが。
ただ、なんとか次戦までは現状キープできるけどレース後に反動が来るとかならリアルっぽくて良いですねw


性格を使ったPO判別法

あ、もう1個、運営ブログでもかかれてましたが、ピークアウトすると性格の成長も止まりますね。
得意調教をしても通常の調教コメしか出なくなります。
具体的に言うと、性格成長コメ『長所~』『短所~』『今まで見たこと~』の3種のコメが出なくなります。
つまり、得意調教をして通常コメが表示されたら、ピークアウトしたということですね。
今は現相馬眼が安く多少見所のある馬は現能力把握出来てるでしょうし需要は少ないかもしれませんが、PO初期はパラの衰退も微妙で判断付かない事がありますので、覚えておくと便利かもしれません。



とりあえずこんなところでしょうか。
性格について否定的な考えの方もいらっしゃるようですが、性格成長を優先すればパラ埋めが遅くなったり併せ回数が減ったりとメリットばかりでもないんです。
性格の追加により、何を優先してどのデメリットを甘受するか、それを選ぶ権利が出来た
育成のバリエーションが増えて、マンネリ化防止に役立った。
そんな風に考えてもらえないかなと思います。



・・・うん。今日も安定の運営の手先だな(ぉ


でわでわ~^^

初公開!性格の最大効果について

こんばんわ、うがっちです^^

タイトルはこぴぺです(ぉ
名駿さんが怒ってましたけど、運営ブログ、このタイミングであのタイトルであの内容はないですよねぇ^^;
まあ書いたときに問い合わせがウチナーさんとこまで届いてなかった・・・ということだそうですが。


けど・・・、この内容、ほんと今更な^^;

初公開の情報とか言われましても既にウチで書いてたような気がするんですが^^;
まあ運営側が公開したってのが大きいのかな?

ただ、内容にも少し疑問が。

個人的にはレース出走週も衰退はしてると思うんです。で、同時にレースでの成長もあるので相殺される(プラスになる)という処理がされているんじゃないかと。

性格導入間もない頃ですが、レース翌週に性格衰退コメが出たことがあったんですよ。(この記事の下部参照)
レース週は衰退が発生しないなら翌週に衰退コメが出ることはないと思うんです。

レース前週の未調教で衰退が発生し、翌週衰退コメが出るはずがレースコメが優先されたために1週ずれたという考え方も出来はしますが・・・

まあ、このあたりは深く突っ込んでも特に攻略に役立つ話でもないか^^;


とりあえずですね、



ほんとの初公開ってのはこういう情報のことを言うんです!


ディープ鉄を超える・・・


D1800良133

エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

D1600良133


Σ(゚◇゚;)マジデッ!?
指数133が2発出ました
ディープ鉄の効果で巷でよく言われてるのが0.2秒短縮との事ですので、スペシャリストの最大補正はディープ鉄より上ということになるかもしれません。


てか、この馬で計測するようになってからタイムの感覚が麻痺してきましたw


で、この馬は以前も書いてますが熱烈極めてる馬なので、スペシャリストの最大効果は0.3秒短縮って事になるのかもしれません。

125突破の可能性については・・・S3を持たないオールSSの馬が用意できれば検証できるのかな。
130突破できるくらいだから125も突破できるだろうというのがうちの私見になりますが。
丁度手元に
性格検証用馬

こういう馬がいるので、それなりにリミット到達できる程度に育てて調べてみますかね。


で、色々性格について調べていて感じたんですが、もしかしたらパラとアビに各種補正を加えてタイム計算をした後、最後に性格の補正を加算(減算)してるんじゃないかと。
だからリミット突破も出来るし効果も大きく感じるのかなと。
そういう点で他の補正とはちょっと毛色が違うように感じやすいのかなと。


でもね、性格についてあれこれ言われることが増えてきましたが、性格に関しては多分一番情報掴んでると思ってるうち(自称w
)は相変わらずの勝てない病なんです(´Д⊂ヽ

今日もこの有様w

プリンセスドバイ印

91Sドバイ結果

昨Sのユメアトが2回やったに続きGⅠで◎4つで勝てなかったorz
正直もう負けフラグにしか見えなかったです^^;;

勝ち馬のタイム見て、二重の意味で負けた気がしましたorz
ロン鯖で最初にGⅠをディープ鉄抜きで130超えるのは自分でありたかったw

ということで、性格を研究するのも利用するのも結構、でも、必要以上に恐れることはないと思いますよ。
性格って結局、プラスにもマイナスにも出るわけで、ある程度のコントロールは出来ても完璧に使いこなすって事は仕様的に出来ませんから
ね。
研究で出来るのは、プラスに出る確率を少しでも上げるだけ、です。

最近の運営は、意図的に【100%こうなる】っていうのを排除してる気がします。
ユーザーとしてはもどかしいところはありますし、賛否両論あるでしょうが、それは正しいと、うちは思いますね。
・・・強がりで言ってるんじゃないんだからねっ

あ、そういえば、ガイドでメジャー系統がでにくくなってるって噂を聞きましたが、今Sうちは一発目でミスプロ引きましたよ。
お陰でユメアトが活性化してない状態でつける事に^^;;
出来れば5回目くらいで引きたかったw

ってことで、競伝も物欲センサーを遂に完備したのかもしれませんねw


でわでわ^^

第90S表彰

こんばんわ、うがっちです^^

大変遅くなって申し訳ありません。昨Sのグループ表彰です^^;

第90シーズン・Legendグループ年度代表馬  
90S宝塚記念
写真は宝塚記念

ガスサンノユメアト4歳牡
第90Sの成績 13戦4勝
主な勝ち鞍 宝塚記念(GⅠ)・凱旋門賞(GⅠ)・愛チャンピオンS(GⅠ)・鳴尾記念(GⅢ)
馬主 ラーソン氏
 

~グループ獲得重賞~
GⅠ
2月4週  フェブラリーS   メゾンフォルティー(牝8) ジャバ垢
4月4週  チャンピオンズM  メゾンフォルティー(牝8) ジャバ垢
5月4週  優駿牝馬      アルチュウ(牝3)     ジャバ垢
6月2週  安田記念      メゾンフォルティー(牝8) ジャバ垢
6月5週  宝塚記念      ガスサンノユメアト(牡4) ラーソン垢
9月1週  愛チャンピオンS  ガスサンノユメアト(牡4) ラーソン垢
9月2週  英セントレジャー  ジンガロクラノカゼ(牡3) ラーソン垢
10月1週 凱旋門賞      ガスサンノユメアト(牡4) ラーソン垢
11月1週 メルボルンC    ジンガロカスアクス(牡5) ラーソン垢
11月1週 JBCクラシック  ジンガロプリンセス(牝4) ラーソン垢
12月5週 有馬記念      ジンガロプリンセス(牝4) ラーソン垢


GⅡ
2月4週  エンプレス杯    ジンガロルドネ(牝5)   ラーソン垢
3月5週  日経賞       ジンガロシリュウ(牡5)  ラーソン垢
4月2週  阪神牝馬S     ジウチガール(牝4)    ジウチ垢
6月1週  目黒記念      ジウチズッキューン(牡4) ジウチ垢
10月1週 東京盃       ジンガロギャンド(牝4)  ラーソン垢
10月2週 毎日王冠      メゾンフォルティー(牝8) ジャバ垢


GⅢ
2月2週  東京新聞杯     ババリアンヒール(牡7)  ジャバ垢
2月2週  小倉大賞典     メゾンフォルティー(牝8) ジャバ垢
3月5週  毎日杯       ジンガロクラノカゼ(牡3) ラーソン垢
4月4週  福島牝馬S     ジンガロカシス(牝6)   ラーソン垢
6月2週  鳴尾記念      ガスサンノユメアト(牡4) ラーソン垢
6月3週  マーメイドS    ジンガロカシス(牝6)   ラーソン垢
7月2週  スパーキングLC  ジンガロシュクリム(牝4) ラーソン垢
7月4週  中京記念      ジンガロダイリン(牝5)  ラーソン垢
8月3週  関屋記念      ジンガロプリンセス(牝4) ラーソン垢
8月3週  エルムS      ジウチアイル(牝5)    ジウチ垢
12月3週 カペラスーテクス  ニックキヌヤコフジ(牝3) 郷土富士垢

以上GⅠ11勝、その他重賞17勝、トータル28勝



最多賞金獲得馬主
ラーソン垢 40億5356万

ジャバ垢 18億2938万
ジウチ垢 15億1883万



最多勝利馬主
ジャバ垢 72勝

ラーソン垢 64勝
ジウチ垢  58勝



特別賞
メゾンフォルティー

 GⅠ3勝を挙げS-Lタイ記録の通算GⅠ8勝目


最優秀種牡馬
ウガノシールド
 うがっち垢保有
産駒総賞金額 25億0975万(全体4位)
代表産駒  ジウチガール(阪神牝馬S)、ラジョヘヴンリー(チャレンジC)

馬主会総合成績
S-Legend  761勝(馬主会ランク 1位)
TーLegend   50勝
不知火         9勝

グループ全体    820勝



コメント


34回目の表彰式です。
89Sに比べ、GⅠは微増にとどまりましたが、重賞は大幅に増えました^^
ただ、手持ちの集計だと重賞28勝なのですが、会のシーズンランキングを確認すると29勝になってます^^;
1勝分がどうしても合いませんでした。もし漏れていた方がいたら大変失礼しました。改めて表彰に加えますのでどうぞ教えてくださいm(_ _;)m


年度代表馬

年度代表馬はガスサンノユメアトとしました。
ものすごく難しい選考でした。華麗な復活を遂げたメゾンフォルティーも同じくGⅠ3勝。
更にメゾンフォルティーの方が重賞獲得数は1つ多かったのですが、シーズン10億を超える獲得賞金に加え、宝塚記念と凱旋門賞とランクの高いGⅠを勝利した点を重視しての選定となりました。
3歳時からの善戦マンの称号をようやく返上、宝塚記念を制しGⅠ馬の仲間入りを果たすと、秋にかけて一気にGⅠ3勝。
真の力を発揮した期間は短かったですが、4歳夏の強さは間違いなく超一流馬のそれだったと思います。


最多賞金獲得馬主

このSもラーソン垢になりました。
89Sに自らが作った賞金記録を一気に10億以上も更新。全体ランキングでもS-L所属馬主では初の3位となりました。
賞金の割りにGⅠ勝利数は少ないですが、凱旋門賞・メルボルンC・有馬記念と3億以上のレースを勝ち、他の高額GⅠレースでも入着で着実に積み上げた分が大きかったんでしょうかね^^;


最多勝利馬主

こちらはジャバさんが8勝差をつけて獲得されました。
10月ごろまではラーソン垢と抜きつ抜かれつの接戦だったのですが、11月2週以降ラーソン垢はわずか2勝の大ブレーキ。変わらぬペースで勝利を積み上げたジャバさんがそのままタイトル獲得となりました。
おめでとうございました^^


特別賞

メゾンフォルティーとします。
ブログでも何度も取り上げてますが、やっぱりこの復活劇は素晴らしい^^
S-L馬の最多GⅠ勝利も更新してくれないかと期待したのですが、さすがにお迎えが先に来ちゃったみたいですね^^;
それでも印的にも衰えが見え始めていた毎日王冠を勝つなど最後まで格の違いを見せ付けてくれました。
これからは母として、息の長い活躍をする仔をたくさん出してほしいですね^^
お疲れ様でした^^


最優秀種牡馬

この部門は表彰を開始してからずっとヘッポコダイクラスでしたが、遂に世代交代です。
ウガノシールドが全体ランキングでも4位に入る健闘を見せてくれました。
他の上位種牡馬に比べると重賞に勝つ仔は少ないのですが、全体的に勝ちあがり率がよく、ハズレの少ない種牡馬なのかもしれません。
ただ、来Sもこの調子で上位に残れるかというとかなり疑問符がつくので、ジュエルクインに並ぶ看板馬の誕生が待ち望まれますね。


会ランキング

今Sもしっかり1位^^
皆様お疲れ様でした^^


トータルコメント

全体的には古馬陣の活躍が目立ちましたね。
春はメゾンフォルティーが圧倒し、夏~秋はガスサンノユメアトが真価を発揮し、冬にジンガロプリンセスが台頭する。
そんな流れになりました。
基本的にはいつもの上位陣の活躍が目立ちましたが、最後に郷土富士さんのニックコヌキフジがカペラSを勝ってくれました。
S-Lオリジナル系統のアイヴィリーヴ系の勝利だけに嬉しいですね^^

さあ、新Sの展望です・・・

といっても既に3月。展望も何もない感じですが^^;
早くもフェブラリーSをジウチエスペランスが勝利し幸先の良いスタートを切ることができましたね。
未だ無敗という事もあり、この馬がメゾンフォルティーが去ったS-Lマイル路線を引っ張っていく存在になりそうです。
昨S自分でもビックリの賞金記録を築いたラーソン垢は主力が引退し戦力低下は確実。距離馬場不問のプリンセスがどこまで酷使に耐えられるかが鍵ですね。
今SはPルームとの交流イベントもあります。良いSを過せるようがんばりましょう^^


では、最後にもう一度、
受賞者の皆様おめでとうございました^^

でわでわ^^