個性派な馬

こんばんわ、うがっちです^^

半月放置しちゃいましたね^^;
微妙にやる気が起きなくて^^;

今日はS-Lが誇る名馬(?)の紹介でもw

メゾンフォルティー


ロン鯖は早くも90S後半突入。
S-Lはそれなりに好調です^^
その原動力となってるのはなんといってもこの馬

メゾンフォルティ血統

ジャバさん所有のメゾンフォルティー。
4Sも前のS-L代表馬でありながら未だに現役です。
現時点で44戦19勝(GⅠ8勝)、総賞金15億超えで通算競走馬ランキング78位(S-L勢2位)と歴史に残る名牝になりました。

8歳を迎えた今90Sも衰えるどころかますます存在感を増して、フェブラリーS、チャンピオンマイル、安田記念と春だけでGⅠ3勝。
現時点で現役マイラー最強の一角なのは間違いないでしょう。

が、戦績を見るととても順風満帆ではないんです。
メゾンフォルティ戦績色分け
縦長なのでサムネイル表示にしています^^;

橙色枠 16戦11勝(GⅠ4勝)
水色枠 20戦2勝
赤色枠  8戦6勝(GⅠ4勝)

と、好不調の時期がものすごくきれいに分かれているんです。
というか、好不調の波が大きい馬はこれまで何頭も見てきましたが、これほど長く大きい波の馬は初めて見ました^^;
正直なところ、低迷が続く水色時代の頃は、このまま終わってしまうのかと残念に思ってました。

牝馬というのもありヘタな馬主なら繁殖入りさせていてもおかしくない長期の不調をじっと耐え、再度全盛期を迎えさせたジャバさんの手腕が光りますね^^
S-Lの最多GⅠ勝利はアオイノモリの8勝で既に並びました。後1勝で記録更新の期待もかかります。
後半戦の活躍も期待です^^

ちょっとした余談ですけど、同じ父のジンガロクラクラはメゾンフォルティーとは全く逆でほとんど波がない馬だったんですが、奇妙な共通項として長期の連勝をしないというのがあるんですよね。
2連勝までは結構あるんですが、3戦目には大体負けるw
でも、そこで崩れることはなく、その後すぐにまた勝つ。そういう種牡馬の特性とかもあるんですかねぇ?
・・・・て、マーチジャスパーか(謎

ガスサンノユメアト


先日の宝塚記念でようやく初GⅠ勝利をすることができました( ´Д`)=3
フレンド以来の無敗の2冠やるつもりで育ててきたんですが、皐月ダービーと3冠馬ヒロザラブライズに歯が立たず(´Д⊂ヽ
それで負け癖がついたのかラブライズがいないレースでも2着3着の山w

ガスサンノユメアト戦績


これだけ惜敗を続けられるのも一種の才能ではないでしょうか^^;
GⅠ未勝利のまま総賞金7億を超え、このまま10億までいけるんじゃないかとある種歪んだ期待をし始めた頃ようやく初勝利^^;;
ガスケンギガント系隆盛の鍵を握る馬だと思っているので、まずは一安心といったところです。


ちなみに、ちょっと面白い点がある馬でもあるんです。
競伝って印の方は多少信頼できても人気は全くアテにならない競馬ゲームとして有名?ですが(ぇ
この馬に関して言えば、18戦中9戦が人気どおりの着順なんです。
特に1番人気では5戦5勝とパーフェクト。
空気が読める馬・・・なんですかね^^;;

逆に、ほとんどのレースで印は一番良いので印は全く信用できずw
ほとんどのレースで◎2つ以上ですが、ほぼ負けw
川崎記念なんて◎4つで3着でしたからねΣ(゚д゚lll)ガーン
あれはちょっと凹みました^^;
空気は読めるけど新聞は読めない馬・・・なのかなw


もう1個、阪神コースでは4戦4勝で全重賞勝利がこのコースだったりもします。
コースの相性でもあるのかなぁ^^;;

てな感じで、GⅠの勲章の代わりに変な属性マシマシな馬に成長してくれました^^;


ただ強い馬ってのも憧れですが、こういう個性的な馬も見てて楽しいものですよね。
当事者としては胃が痛いですがw
でも、こういう馬達がいるからゲームがますます楽しい、そう思います^^



今Sは他にもオークスでジャバさんジウチさんがワンツー決めたりとなかなか良い流れできています。
後半戦もさらに勢いを加速させていきたいところですね^^

ん?
レースポイントバトル?
ん~・・・頑張ってますけど、上位は強いですねぇ^^;;
昨日全力で12頭出して219pt稼ぎましたけどデイリー4位^^;
このイベントがブログで告知されてから?馬のデビューを遅らせてた人もいるみたいですし、そういう長期的な戦略立てる人はやっぱり強いですね。
総合で6位にはいますけど、もう集中して出せる日はないので10位に残れるかは微妙・・・というかほぼ無理でしょうね^^;



今日はこんなところで^^;

でわでわ^^
スポンサーサイト

生産がらみの要望

こんばんわ、うがっちです^^

今回は久々?の要望回ですw

システム売却前の買取価格表示復活希望


以前何度か触れた、システム売却時の価格表示。
全相馬眼を使わずとも大体の能力を知れるとあって、ユーザー側にはかなり便利な新システムでした。

が、先日こっそり修正され、実際に売却しないと価格がわからなくなってしまいました。

このブログで紹介した際は、「あんまり正しくない?」とか「微妙なライン」とか書きましたが、実のところ、これものすごくいいシステムだと思ってたんです。


良いシステムだと思った理由

4つほどあります。

1、仔馬カテゴリの間はペット効果を受けられず、7月にならないとシステム売却を選択できないため、誕生時に全相馬眼で選別するユーザーの優位性は失われない事(特に2~3歳戦)

2、7月に売却価格を確認してから育成開始しても晩成ならリカバリー可能ではあること。

3、全相馬眼の入手数が上位ユーザーとそれ以外ではかなりの差(ランキング特典、ファンレター等、資金力)があるが、ある程度選別できる手段があればその差を詰めるのに有効な事

4、庭先公開時、相馬眼を使わずとも500万の馬を除くだけでそれなりの馬を取引できること

こんな感じで、多くのユーザーのメリットになり、バランス向上に繋がると思ったんです。


考えられるマイナス点

もちろんマイナス点もないわけではありません。

1、即日最安値の牝馬とマーケット最安の種牡馬カードを使って延々と生産し、価格を確認し3000万を残し1000万500万を売って良い馬を集める生産ガチャプレイの横行

2、7月まで庭先公開馬が出回りにくくなる

ただ、どちらも問題としては大きなものではないはずです。
1番に関しては即日の価格変更なり回数制限つけるなり、システム売却価格を変更するなりで対応可能です。
2番は確かにありえますが、むしろシステム売却価格を入札側もわかるようにすれば馬の質の担保になりメリットの方が大きくなるので問題にはならないのではないかと思います。



後付で変更したのは、もしかしたら即日繁殖半額イベントの時に1番をやった人がいるからじゃないかなーって気がするんですが、先に述べたとおりの対応策で十分だと思います。
また、全相馬眼を使うユーザーの優位性が低くなる事を問題視するなら、成長型によってシステム売却可能時期を後ろにずらせばいいと思います。

ということで、「(7月以降)システム売却前に買取価格表示」に戻すよう要望します。
正直、最近では一番上手くやったなーって思ったシステムでしたから、ここを変更したことについてかなり驚いています^^;;


生産の問題点


先日のアップデートで繁殖枠が倍になり、仔馬枠を実装したことで、生産数が大幅に増えた方が多いと思います。
それに伴って、色々と不便な点や問題も起きています。
今回は2つ取り上げてみます。

命名が面倒

これはほとんど全てのユーザーが感じているはずです。仔馬枠実装で枠を気にせず一気に生産できるようになったため、ログイン時に数十頭分の命名を強いられることもあります。
庭先での売却も考えると冠名も付けにくく、いちいち考え手入力するのは非常に面倒です。
時間がないときにログインすると、命名終えるまでゲームを始められず結構イラつきます^^;

現実のように「母馬名+S数」などの自動命名システム実装を要望します。


選別が難しい

生産数が増えればそれだけ選別の手間も増えます。もっとも有効な選別手段、全相馬眼を全馬に使えるユーザーは各鯖のトップクラスだけではないかと思います。
運営としては全相馬眼を売りたいのでしょうけど、ユーザー心理としてある程度良い馬だという期待が持てない馬には使いたくないんです。
ですから、ひょっとして良い馬かな?と思わせたほうが全相馬眼を使いやすくなり、売り上げも伸びるんじゃないかと思います。
しかし、現在のシステムでは相馬眼以外の選別手段があまりになさすぎます。
実際「どの馬がいい馬なのかわからない」と悩む競伝暦の浅いユーザーさんとも何人か接したことがありますし、自分も駆け出しのころはそうでした。
そういうユーザーにとっては生産数が増えたところであまり意味はなく、命名の面倒さもありかえって競伝から遠ざかるキッカケにすらなりかねません。

解決策は2つ

ひとつは上に述べたシステム買取価格の表示

もうひとつは、柏木コメントの基準改定もしくは追加です。

今の柏木コメントは、「かなり」がA以上、「そこそこ」がA~Cということになってますが、競伝サービス開始時に比べて著しく能力インフレしている現状にはあまりにそぐわない基準です。
はっきり言えば、現在のレベルでは突破前提でなければAが1個でもあれば落第スレスレです。2個あればよほどアビに恵まれない限り条件戦で終わるでしょう^^;
なので、「かなり」と言われたところで期待に胸を膨らませるといったこともありません。

ですから、コメントされる能力を「かなり」S以上「そこそこ」S~Bとそれぞれ1ランクアップさせるか、「かなり」の上に「すばらしい」などの追加コメントを作り、S(SS)以上の場合にコメントされるようにするんです。

更に、「S3もしくはA以下」のコメントを追加することでコメントの信頼性を揺るがせ、相馬眼を使いたくなるよう誘導するというのもありかもしれません。


この二つの問題は、直ちに対応しないと致命傷になるほど大きな問題ではないかもしれませんが、生産という競馬ゲームの根幹に関わる部分だけに、放置すればゲーム寿命を徐々に蝕んでいきかねない問題だと危惧しています。



一朝一夕にユーザーを増やすのが困難な以上、ひとまず一人当たりの生産数を増やして過疎感を和らげようという狙いは理解できますし、悪くない判断だと思いますが、ユーザーが面倒さや不便さを感じてしまえば、思ったほど効果が上がらないかもしれません。

そういう意味では、生産者特典の実装もなるべく急いだほうが良いと思います。


むぅ・・・今回は真面目一辺倒だなぁw


そーいえば、久々にレースポイントバトルやるんですってね。
うちは今は古馬陣充実してるから集めれば入賞くらい狙えるかなぁ・・・哀しいほどに勝てない病にかかってるけど(´Д⊂ヽ

特にジンガロクラノカゼ。折角セブンクラウン系(スピリタス謹製のオリ系統)の後継馬になれるかと思ったのに、ことごとくスピリタス所属のヒロさんに・・・( ;∀;)
あれですか、何度突き落とされても這い上がってくるくらいじゃないと外様の後継など認めないってヤツですかΣ(゚д゚lll)ガーン
・・・むぅw
春のGⅠのどこかで一発入れたいものですね。ファイトーー!( ゚д゚)乂(゚д゚ )イッパーーツ!!


でわでわ^^

時間が足りない

こんにちわ、うがっちです^^

ごめんなさい、いきなり愚痴りますm(_ _;)m
最近はネタはいくつもあるのに時間が足りなさすぎるんです。
イベント案、性格のちょっとした追加話、こっそり行われた仕様変更、ロン鯖の近況と会&うちの近況etc.
書きたいことは一杯あるんです。あるんですが、何故か時間が全然ない。

仕事もそこまで忙しいわけではない・・・はずなんです。

ええ、3連休?いつのこと?ではありましたが(ぉ

暑さでバテちゃって何やるにも時間がかかってるのかなぁ^^;
疲れで気が短くなってるし、投げやりにならないようにしないとなぁ^^;;


今日はようやく休みなんですが、これから用事もあって帰宅は深夜近くになりそうでやっぱり調教するのが精一杯になりそう。
年越し準備?そいえば全然余勢枠申し込んでないや^^;


余勢枠の申請制限が昨Sから倍になってます。余裕ができたと思ってダメ元で人気種牡馬に突撃するも良し、不人気種牡馬を片っ端からさらって数をそろえて活性当選祈るも良し、戦略的にいきましょうw
特に通常会員の方は余勢枠申請忘れないようにしてくださいね。


女王の帰還


香港マイルであの馬が久々に・・・^^

89S香港マイル

メゾンフォルティーは87SのマイルCS以来、実に2SぶりのG1勝利。
4歳のデビューし2戦目でGⅠ制覇、その後も勝ち続け5歳までは17戦11勝GⅠ4勝と相当な強さ、更に出走時に印のぶ厚さ、当分はこの馬の時代になると確信していたんですが・・・
6歳になって急に勝てなくなりました。時々重賞に勝って復活かと期待すると、次走以降は凡走の繰り返し。
ほんとに不思議でした。
ジャバさんにとっては本当に忍耐の日々だったと思います。
並みの馬ならピーク期間がまるまる収まってしまうほどの長い長い冬の時代を乗り越えて、ようやくのGⅠ5勝目。
本当におめでとうございました^^


この記事だけは書きたかったので、短いですが今回はこれだけで^^;


でわでわ^^;

増えた増えたw

こんばんわ、うがっちです^^

ジウチさん(でしたよね?^^;)がT-Lに残してきたウッチー垢がG1勝利です^^

JBCS


89SJBCS結果

GⅠ馬4頭が終結したレースでしたが、伏兵ブーウッチーが勝負駆けをみせ、重賞を飛び越えていきなりGⅠ勝利^^
ジウチさんは本垢の方が不振でしたが、こちらで意地を見せてくれました^^
そして父ジウチゲンブーもこれが産駒初GⅠ。初尽くしですね^^
ファイントップ系の種牡馬2頭とも、現役時代の成績は文句なしなものの遺伝が低く後継作りが難航していますが、これでまず1頭後継馬が誕生しました。
これが呼び水になってさらに活躍馬が出てほしいですね^^

なにより繁殖枠が増えましたし、今後は低遺伝の一発狙いみたいなやり方する人も増えるかもです。そうなると遺伝は低くとも競走馬実績のある種牡馬が見直される動きがあるかもしれません。

にしても、騎手名がなんか凄い哲学っぽいですねw
おめでとうございました~^^

天皇賞秋


89S秋天結果

シュクリムが秋華賞に続いて勝利♪
ここは入着で御の字と思ってただけにちょっと驚いてますw

元々凄くバランスの良い馬でしたけど、逆に言えば突き抜けたモノのない馬でした。
なんで、総合力に+αが必要な古馬では厳しいと思ってたんです。
もしかしたら、父の血が持つ底力が必要な+αだったのかもしれませんね^^;

シュクリムの父はヒロザゲンキダマ。
ほんの数S前、ドバイWC3連覇など圧倒的な強さでロン鯖の中距離に君臨し、その強さ故に同レースに登録した他馬主の元気が根こそぎ奪われるという曰く付きの馬でした。
・・・すみません、無理矢理馬名に絡めるために誇張が入ってますwいや、でもとんでもなく強かったのはホントです^^;

にしても、ゲンキダマは今Sでようやく3世代目。実質3歳と4歳だけで既にリーディング2位ってヤバイですね^^;
ヒロザサンライズの時代が暫く続くと思っていましたが、早ければ来Sにも首位交代劇がありそうですね。
競走馬としてだけでなく、種牡馬としても時代を作る可能性が濃厚ですね。


ロン鯖盛り上げるには別の人の種牡馬が活躍するように持ち上げた方がいいんですが、といって事実を曲げるのも主義に反しますので・・・^^;


ウガノシールド報奨金

着順   報奨金額   馬名   馬主   獲得S
1着10億(2回目以降5億)
2着なし
3着なし
4着なし
5着なし
6着2億
7着2億
8着2億
9着2億
10着5億ジュエルクインモモさん88S
11着1億
12着8億
13着1億
14着1億ラジョアルカイザー羅城門ファームさん89S
15着1億シールドガイアジャバさん88S
16着1億
17着1億
18着にんじん


今Sはラジョアルカイザーが14着でした。残念(´Д⊂ヽ
来Sあたりはそろそろ本格化した仔が増える頃です。上位進出する仔がいるんじゃないかと期待しています^^
主戦場はゲンキダマと路線もろ被りの中距離ですが、株を全公開してるんで産駒数は確保できるはず。宣伝塔になる大物が出てくれれば・・・。


繁殖牝馬枠倍増


いやぁ、ほんとに増えましたねw
レベル22なんで44頭^^;;
余勢枠の抽選も増えることが予想されますし、ロン鯖含めこれからS末迎える鯖は、色々影響を考えておいた方がいいですね。

そうそう、繁殖牝馬の確保には、まずPOした牝馬や先日のフリレイベで得た牝馬カードを繁殖入りさせて、更に資金に余裕があれば即日なども使って生産して、システム売却で3000万以上の牝馬が生まれればシーズン末に競走馬枠に入れて3歳に上がったらそのまま繁殖行き。
みたいな方法も有効かもですね。うっかり仔馬のままシーズン跨がないように注意が必要ですが^^;


でわでわ~

奇跡は2度起きずw

こんばんわ、うがっちです^^

ご心配おかけしましたが体調も何とか回復。
無理ない程度にがんばっていこうと思います^^;

菊花賞


・・・

89S菊花賞結果


無念w
逃げ馬が大外枠引いてスタートで出遅れた時点で「あ、終わった」てな感じでしたが、最後の直線で粘りに粘る。
クラクラの奇跡再びかと思いかけたところで、最後はやっぱり差されましたorz

ということで、うちはヒロザラブライズの3冠達成のもっとも甚大な被が・・・もとい、間近な目撃者となってしまいましたw

ああそうさ、皐月・ダービー・菊花賞、全部2着でしたよコンチクショーヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


・・・えー、取り乱しました。ヒロさん2度目の三冠おめでとうございましたw


ちなみに、昨Sの菊花賞は今回のマタヒンバの全兄のシリュウが2着。そして、今Sのオークスも2着ということで・・・

ラー垢はクラシック7戦連続連対!ということに

なお、以前(77S)にジャバさんがクラシック6戦全連対という記録を達成されてました。
あの時は半分勝たれてましたし凄いなーってなりますが、今回のうちは2勝2着5回^^;
凄いんだか凄くないんだかわからない珍記録ですね^^;


天皇賞秋(ウガノシールド産駒イベ)


89S秋天出走表

シュクリムが秋華賞から調子を落とさずに向かえたのは好材料ですが、さすがに相手が厳しそうです^^;

また、今Sも1頭ウガノシールド産駒(ラジョアルカイザー)が出走します。
登録時には他にもいたんですが、残念ながら除外になっちゃったみたいですね(´Д⊂ヽ
厳しいですがそれも勝負の世界。
来Sはきっちり賞金貯めて多くの馬が出走してほしいものです^^

そして狭き門をくぐり抜け、出走を果たしたラジョアルカイザーの健闘に期待です^^
2~5着と昨S埋まった10着15着以外なら報奨金獲得です。
すこしでも上の順位になるよう祈ってます^^


とりあえず今回はこんなところでw

でわでわ^^