無料的シンジケート券の使い方・・・お勧め系統編

こんばんわ、うがっちです^^

不定期につらつらと書いていますが、自分が書いているのは基本的に無料会員を対象とした攻略記事です。
プレミア会員の方が読んでも参考になる部分はあるかもしれませんが、基本別物と思っていただいたほうが良いかもしれません。というより、プレミア会員の方なら苦労する必要のない部分の記事が大半ですww
・・・参考にされてる方がいるかもわかりませんが、一応^^;;


前回血統構築の話をしながら概念的な話に終始してしてしまったので、今回はもうちょっと具体的な話をしていこうと思います^^;;
ズバリ、自家製種牡馬をシンジケート券を使って作る場合のお勧め系統は?

です。

ただし、自分の独断と偏見的なモノが相当量含まれてるのでご注意ください^^;


馬主会種牡馬のお勧め系統

●ノーザンダンサー系・・・お勧め度☆☆☆☆☆ 

ニックス系統12個と全系統中2位の抜群の使い勝手がありながら、システム&カード種牡馬には能力の低い馬しかいないため、実用するなら自家製種牡馬が必須になります。全体公開の種牡馬数を見てももっとも繁栄している系統で、もう一つの主流血統ミスタープロスペクター系とも相性が良く、更にはリボー系orヘイロー系を加えたニックスの三角形がS-Lの種牡馬数的に見ても定番配合ですね。



●ミスタープロスペクター系・・・お勧め度☆☆☆☆

ニックス系統11個とこちらも多数のニックスを保持。ノーザンダンサーに比べてお勧め度が低いのは、システムやカードにもなかなか能力の高い種牡馬が多く揃ってるため、馬主会種牡馬にこだわらずともこの系統をつけるのは難しくないためです。ただ、まだ新しい系統で気性にマイナス因子を持つミスプロ自身の血が濃く折り返しの配合などは行いづらいので、自家製を作っておくのは有益でしょう。



●ボールドルーラー系・・・お勧め度☆☆☆☆

ニックス系統14個と全系統中トップを誇ります。にもかかわらずカード種牡馬がセクレタリアトしかいないため自家製種牡馬を作っておくのは価値があります。ただ、セクレタリアト自身が優秀な因子を持っているので代を進めればインブリードも効き、そういう意味ではセクレタリアトでも間に合ってしまうためお勧め度-1となりました。
リファール系&テディ系や、ヘイロー&ミスプロ系のニックス三角形もあります。が、ロン鯖においてはそれほど勢いがありませんね^^;



●ガスケンギガント系・・・お勧め度☆☆☆☆

S-Lのオリジナル系統です。ニックス系統は親系統リボー系の5系統に、更にヘイロー系とフェアウェイ系が加わっています。リボー系の定番ノーザンダンサー&ミスプロのニックス三角形でいくもよし、さらにヘイローを加えて四角形を作っても良しで利用価値は非常に高いと思います。今のところ会の中でしか付けられませんが、早くG1馬が出て血を広めてくれる事を願っています^^



●ヘイロー系・・・お勧め度☆☆☆

ニックス系統は5つですが、上記の4系統全てとニックス関係です。その特性を生かしてハブ的な役割を果たし、濃くなった血をワンクッション置く事で薄めたりする重要な系統です。お勧め度が☆3つなのはシステム&カード種牡馬に有力馬が揃っているのと、主流血統以外のニックスがなく異系に繋げる点では他の系統に劣る為。サンデーサイレンスがパッと思い浮かびますが通常金枠カードですと距離幅が非常に広く能力の割りに走らないという仔が多く出ます。なので距離幅の狭い種牡馬が作れれば非常に効果的ですね。



と、お勧めできる系統を5つほどピックアップしてみました。

実際の種牡馬選びには能力値や距離、個性や成長タイプなどが絡んできますので、系統だけで判断するのはナンセンスなのですが、単純にその他の条件がフラットだった場合にどの系統を優先して作っていけばいいのかという目安と思ってください。
結果的にメジャー系統ばかりですが、他のゲームのように零細系統に救済ボーナス等があったりするわけではないので、素直に主流系統に自家製種牡馬枠を使うべきでしょうw
勿論、血が濃くなりすぎないように注意は必要です。


ひとまずこんなところで^^
といっても、記事自体はまだ続きがあるのですが・・・ここまででも充分長いので一旦停止w

次回はうがっち牧場の秘密が明らかに!?
・・・って、秘密ってほど大層なものもないし、結果もほとんどマグレなんですがね^^;;

でわでわ^^
スポンサーサイト