全体公開しました

こんばんわ、うがっちです^^

今日は宣伝w

引退直後に馬主会公開してしまい、昨S全体公開できなかったジンガロノホンキをようやく全体公開しました^^;
結果的に他に上場馬がいない時期に公開できたので目立って申し込みも増える・・・ということにしておきますw

|д・) ソォーッ…ただ、やっぱり馬主会公開したらそのSは全公開できないという縛りは必要ないと思う

ホンキについては以前から何度も触れてましたが、改めて紹介をしておきましょうか。

ジンガロノホンキ


ジンガロノホンキ
ミスタープロスペクター系
通算成績  22戦6勝
総獲得賞金 6億3915万
主な勝ち鞍 キングジョージ、BCターフ、香港ヴァース(GⅠ3勝)


ホンキ血統表ホンキパラ

補足説明、注意点など

左パラ
ゲートがBと大きく凹んでいますが、スピード、スタミナ、持続はほぼS3maxでした。
根性は3度の突破でmaxになったのでSSでも中間より上。パワーはSですがそれほど多くの突破をせずにmaxまで行ったので、Sの上限近くはあったと思います。

S3
5つ。なかなかに優秀だと思います。
ただ、S3は3回開花で5個まで増えたので、初期は2つ。
開花のしやすさは遺伝するのかわかりませんが、もしかしたら誕生時のS3は少ない仔が多いかもしれません。
といってそれが開花を保証するものではないですが^^;

右パラ
馬場適性は芝・ダート・重全てS。得意とするところはないですが、どんな条件でも走ります。
体力はSSなものの、脚元はBとあまり強くないので、さらにインブリードを重ねるのはやや危険かもしれません^^;

成長タイプ
3歳3月1週徐々に変化、4歳1月1週ピークイン。6歳3月5週ピークアウト。
やや晩成でしたが、2戦目で神戸新聞杯をリミット超えで勝ってる通り3歳秋には間に合う可能性があります。
仕上がりは晩成型の中では早い方かもしれません。その分ピークアウトも早かったですが^^;

距離適性
24-26。
やや晩成のスペシャリストなので、上がり補正を得られれば得意距離では相当なタイムを出します。
ただ、この距離の特化はかなり出せるレースが少ないし、上にずれると悪夢の26-28になってしまうので、それが少し不安ですね^^;

血統面
ブライアンズタイム4×4のクロスあり。
脚元Bなのでアウトブリード推奨ですが、インブリードするならブライアンズタイムのクロスを更に重ねるか、5代前にナリタブライアンを持つ肌馬をつけるか。ユーザー馬のクロスはほぼ狙えないでしょう。
ニックスはミスプロ系なので豊富。アウトニックスが基本になりそうですね。

アビ付き
かなりつきやすかったです。2歳の間は無助手でほぼ無駄にし、実質3歳からの育成だったのですが、それでもアビ15まで覚えました。
もっとも、アビのつきやすさが遺伝するのかは不明ですが。


総評

現役時は距離特化にも関わらずとにかくムラッ気のある馬で成績が安定しませんでしたが、ハマッたときの強さは間違いなく超一流でした。
気まぐれさが仔にも遺伝しないことを祈りますw
距離適性については、アビゲー全盛の今は昔のようにスペシャリストが良いという風潮ではなくなってきましたが、必死にアビ付けに励まずとも戦えるという点は相変わらず利点だと思います。
弱点もある馬ですが、長所も多い馬です。
身びいきかもしれませんが、良い種牡馬になる見込みはあると思います。


※参考
うちに1頭だけ仔がいるのでその情報でも。
もっとも、距離適性がアレでそれ以上の相馬眼の使用をやめちゃったので大して参考にもならないでしょうが。
6月1週入厩で脚質は逃げ。助手設定無し。
3歳3月3週時点で成長は「やんちゃ」
アビは3つ覚えていてうち一つはマイナスアビ。
スピードが開花しています。その他のパラは不明。
距離適性は25-29。
・・・ギリギリ死亡回避^^;
やっぱり距離上ズレの不安は大きいかも^^;


ん?
宣伝といいながらネガティブ要素が多いような・・・^^;;
まぁしょうがないw

ともあれ、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

って既に多くの申し込みが^^
ありがたいことです^^

でわでわ^^
スポンサーサイト