お勧め種牡馬~~カード種牡馬編~~

こんばんわ。うがっちです^^
前回の意味深なヒキから随分間が空いてしまいましたね^^;;
予告ではうちの牧場の秘密をお話しするつもりでしたが・・・


そんな大層なものはない事に気付きました Σ(゚д゚lll)ガーン


なので、今回はカード種牡馬のオススメについて書いていこうと思いますww

自家製種牡馬で配合するにも限度がありますし、シンジケート券も1Sで1枚きり。となれば残りは必然的にカード種牡馬の出番となるわけです。

カード種牡馬の仔は基本的にはあまり期待できませんが、それでも忘れた頃にひょっこりOP級の馬が生まれてたりするので油断は出来ませんよww

なんたって、うちの厩舎じゃ初G1馬がカード種牡馬の仔だったりするくらいですから( ̄□ ̄;)!!


例によって主観100%ですが、ある意味使用者のナマの声ということでw
なお、自分の言う『カード種牡馬』はフリレ等で手に入る通常カードです。アビ持ち(EX種等)の種牡馬は含んでおりません。



エンドスウィープ ミスタープロスペクター系

超早熟路線に挑むに当たって唯一の選択肢となるカード種牡馬。短距離適正もこの路線では文句ないですし、芝、ダートどちらもいける万能ぶりは相手牝馬を選びません。ネックとなるスタミナBをうまくフォローできればOP級の馬も夢じゃありません。
極論してしまえば、この馬の使い方がそのまま超早熟路線の成否につながります。
ただ、遺伝Aというのもあり産駒の出来不出来の差は大きく、また、産駒の適性も基本は短距離とはいえ結構バラつくので、デビューまでの短い間にしっかり見極める必要があります。

うがっち厩舎での実績・・・父としてOP馬、母父としてG1馬輩出



シーキングザゴールド ミスタープロスペクター系 

スピードSSが目を引くマイラー種牡馬。同時に気性Cが扱いにくい印象を与えますが、意外と堅実に勝ち上がる仔が生まれる印象。自身がスピードとパワーの因子を持ってるだけあって、その二つの能力に秀でた仔が生まれやすい傾向があるようです。
やや気になるスタミナのBですが、産駒にそれほどの落ち込みは感じません。どちらかというと芝向きですが、パワーのウェイトの高いダート路線にこそ活路を見出せるかもしれません。また、将来的にはインブリード対象としても使えますが、ミスプロの気性難が厄介なのでインブリ狙いの際は計画的な配合を行いましょう。

うがっち厩舎での実績・・・直系孫で重賞馬、母父としてOP馬輩出



ストームキャット ストームバード系

繁殖に上げたあとのニックス対象がミスプロしかないので敬遠してましたが、試しに使ってみたら優秀だったのでww
成長は早熟ですが、やや超早熟に近い成長型のようです。距離適正は基本マイル周辺。馬場は芝にもダートにも出ます。同じ配合でも芝馬とダート馬が生まれたので適性確認はしっかり行いましょう。
産駒の傾向としては豊富なスピードを持った馬が多いようです。比較的バランスの取れた能力ですが、飛躍を目指すならインブリード狙い。気性Bなので少し怖い面もありますが、配合牝馬の気性が良ければ薄めのインブリードなら意外と耐えられるようです。繁殖に上げたあとは前述したとおりニックスをほとんど狙えないので、この馬で締める様な配合をするべきかもしれません。

うがっち厩舎での実績・・・父・母父としてG1馬輩出



ダンシングブレーヴ リファール系

気性B以外は目立った欠点のない優秀な能力を持つ種牡馬。その気性Bも自身の個性が遺伝すればアビでカバーできるため、欠点というほどのものにはならない可能性すらあります。このクラスの種牡馬ではフリレで比較的出易いカードなのも◎です。
ただ、適性が激戦区の芝中距離なので、多少能力が優れているくらいでは勝ち上がれないのが苦しいところです。ダート適性もAあるのでやや層の薄いダート路線で活躍を期待するほうが賢明かもしれません。
産駒の傾向としてはやはりスピード豊富な仔が多いようです。体力Aですが、それ以上にひ弱な印象もあるので、インブリードを狙う際には留意した方がいいかもしれません。

うがっち厩舎での実績・・・父、母父としてOP馬輩出




お勧め種牡馬、もう1頭いたので追加です<2012.10.21追記>

リボー リボー系

気性B以外は欠点のない優秀な種牡馬。言うなればダンシングブレーヴのスタミナ型上位互換版。問題なのはマイナス点まで上位互換してて適性が最激戦区の芝中長距離ということ^^;
半端な馬では未勝利すら勝てない可能性大なので、ダートに逃げるか、代重ね初期にパラ上げ目的で割り切って付けるか、充分に牝系が育った後優秀な牝馬につけるかの3択になるかもしれません。
地方カー伝から削除されてしまったのでフリレかプレミア会員さんからもらうしかなく、かなり入手しにくいカードとなってしまいました。
なお、体力Aですが古い血統でインブリード対象になる血をほとんど持っていないので、こちらはほとんど気にする必要はないでしょう。ただ、子孫に自身のインブリード(強力な気性難)が出来ないように気をつけましょう。

うがっち厩舎での実績・・・母父として重賞馬輩出





インブリードについて言及している馬が多いですが、自分は能力がトップクラスの牝馬はアウトニックス、それほどでもない牝馬にはインブリードニックスを基本に配合しています。注意と言うのは文字通りの意味で、避けるようにというニュアンスは含んでいませんw
以前にも書きましたが、気性と体力は良いに越したことはないが、他の能力が上がるのなら多少落ちても仕方ない・・・というスタンスですので^^;
といっても、さすがにB以下だと気にはしますがw


そうそう、インブリードで思い出しましたが、無料で代を重ねていくにあたって一番の敵はミスプロなのかもしれません^^;
ニックス豊富な超メジャー血統の基幹馬にも関わらずマイナス因子を持ってるお陰で、カード種牡馬で代重ねしていくと必ずといっていいほどこいつに当たってしまい、血が行き詰りやすくなってしまいます^^;
高濃度でのインブリードをうまく避けるために、ある程度の計画性も必要かもしれませんね。



さてさて、次回は何について書きましょうかねぇ・・・w

でわでわ(´ー`)/~~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する