うがっち厩舎の近況

こんばんわ、うがっちです^^

<注>今回の記事は前回の続きではありません^^;;
前回の続きは、また近いうちにw


今回はうちのお馬さんたちの紹介です。

・・・・ぶっちゃけ、久々に重賞勝ったので自己満足記事でも書こうかな・・などと(爆


まずはこれから暫くうちのエースに君臨してくれるであろう『シキサイ』です。
今日かきつばた記念を勝ちました^^
デビュー5戦目の快挙で、しかも、重賞制覇クエを見事に達成♪
ありがたいことですm( __ __ )m

シキサイは父がうちの初OP馬スキッド、母系をたどると祖母に初G1馬のテンコーがいるという、うちの牧場の中では由緒正しきお嬢様ですw
結構早い時期から能力の片鱗は見せてくれていたので期待はしていたのですが、頑ななまでに個性変更してくれなくて、アビが3つしかないのが玉に瑕^^;
それでもこうして勝ってくれるんですから、なかなか気合の入ったお嬢様みたいですねw
とはいえ、メンバー的にもすごく恵まれての勝利で、現状ではこれが精一杯かなという気もします。
個性が変わってあとアビが2つ3つつけばG1も狙えるんじゃないか・・・って期待もしてるんですけどね^^;;


次は、うちの牡馬の代表格の『ブレス』君です。
既にOP3勝、対戦馬にはG1馬3頭も含まれていました。
こう書くと、もう虎視眈々とG1を狙ってるように見えるかもしれません。
しかし、全くそんなことはなかったりしますww
というより、成長完璧メールが来たときの指数が確か116とかそれくらいだったのに、何がどーなって120オーバー連発するようになったのかがほんとにわかりません^^;;
アビだってレアアビなしの4つだけだし^^;
ほとんど休みなくレースに出してるから限界突破もしてないはずだし、追加で付いたアビはダートじゃ効果の薄そうな「カミソリの切れ味」くらいだったはずなんですが・・・
ほんと、不思議な馬ですw


そして、つい先日引退してしまったのが『カナエタイネガイ』です。
母トドケタイオモイ、兄アキラメナイネガイがうがっち厩舎の各世代で共に1番の素質を持ちながら、ついに重賞すら勝てずに終わってしまった分とても思い入れのある馬で、この馬こそは・・・と期待を込めて育てました。そしてカナも期待に応え、リミットを叩きだせるほどにも成長しました^^
が・・・OP惜敗、エリ女直前除外、京都記念またも惜敗と続き、それでも諦めず8つ目のアビを覚えて更に気合が入った次の日に、無情にもピークアウトメール Σ(゚д゚lll)ガーン
・・・ピークが1シーズン持ちませんでした^^;;
ウルトラタフ持ちだっただけに、せめて夏まで持ってくれれば・・・と恨み言しきりです(´Д⊂グスン
せめて母として、一族の無念を晴らす馬を産んでくれることを祈ります^^;;

・・・にしても、呪われた一族めいてきましたw
逆に、テンコーから始まる母系がうちの華麗なる一族みたいなものでしょうかw
この2系統、ほぼ同時期に活躍馬が出て、常にトドの一族の方が素質は優秀なのに、大きいところを勝つのはいつもテンコーの一族という不思議な因縁があったりもしますw


デビュー済みの馬でめぼしいのはコレくらい^^;;
相変わらず寂しい限りですw
1頭だけ未デビューの4歳でもしかしたら・・・という仔はいるのですが・・・
勘違いだったら悲しいのでまだ書きませんw


あとは今Sの2歳はシンジケート2枚使ってちょっと豪華に行ってみたのですが・・・現時点ではどうやら大きいところを期待できる馬は確認できないようです(ノД`)シクシク


以上でうちの馬たちの紹介を終わりますw
さて、次に自己満足記事を書けるのはいつになるでしょうか・・・ww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する