調教SSSについて、リターンズw

こんにちわ、うがっちです^^

フリレイベントも終盤戦ですね。
銀の確率上げたという割には、銀が余ってるという方が全然いないのはナゼなんですかねぇ^^;
もしかしたら自鯖フリレで出やすいのかとか思ったりもしますが、ロン鯖じゃフルで埋まることはなさそうですし・・・^^;;

58Sもあと2開催となりましたが、相変わらず会でG2ウィナーが誕生せずw
しかし、今SはSーL勢で高松宮記念、スプリンターSの国内短距離G1を完全制圧し、スプリント戦G3を5勝。短距離で素晴らしく強いシーズンになりましたね^^
どっかのヘンタイさんの馬が目の上のたんこぶ状態でしたが^^;;
他の路線も含め残り8週でどれだけG1・重賞を上積みできるか楽しみです^^


さて、うがっち厩舎ではまた確変が始まったのか、開花する馬がチラホラと^^
そのなかでいくつかレアケースっぽい事象も起こったのでここで報告しておきますね^^
ほぼ前回の調教SSS報告でのレアケースの確認になります。

レアケース1
・元々の長所は持続
    ↓
・持続力が開花
    ↓
・瞬発力が開花
    ↓
・次のメールで長所が瞬発力に変化



ケース1は複数回開花するという事の確認。
瞬発力の開花後に長所が変化したというのが新しいところでしょうか。
これは開花での上がり幅は一定ではないということの証明になるのでしょうか?



レアケース2
・9月3週ピークインメール(長所完璧、短所もうちょっと)
    ↓
・10月2週ピークのまま(長所・短所完璧)
    ↓
・10月4週開花
    ↓
・11月2週「徐々に」に変化(長所もうちょっと、短所完璧)



ケース2は成長度コメントの巻き戻りの確認。
開花した直後に放牧したので伸びた分が丸々ノビシロになっているはずで、長所がもうちょっとに変化したのはわかります。ただ、短所がカンペキのままなのが気になります。
『長所もうちょっと、短所カンペキ』というのは、まだ成長のピークまで間がある馬によくあるパターンで、成長ストッパーにかかって本来の馬の能力限界まで鍛えられない状態を示唆しています。
これについては例外もあるので全面的に信じることは出来ませんが、信じるとすれば前回書いた器の入れ替え理論では説明がつきません。
ということで、本当に開花で成長の波自体が変わった可能性もあるのかもしれません。
更に経過を観察してみます。



レアケース3
・開花とアビ取得が同時発生



ケース3は同時発生の新パターンですね。
元々ある突破&アビ取得、前回報告した突破&開花に加え、この報告で全てのパターンが起こり得ることが実証できました。
ってことは、物凄い低確率で突破&アビ取得&開花と3つ同時発生もあるのかも知れませんね。
アビは2つ同時に付くこともあるし、そうなると最大で1回調教しただけで4通メールが!?・・・なんてこともあるのかもしれませんww
夢ですねw


てか、こんだけ自分のところで発生してるってことは、実はそれほどレアケースでもないのかもなぁ^^;;
なんて事も思ったりもしてますが、うちの調教技術が素晴らしいから^^
と思う事にしておきます(ぇ
って、別に何か特別な事をやってるわけではないんですけどね。ただスパルタなだけでww


また何かあったら報告します^^
情報も随時募集です^^

でわでわ^^
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/02/10 (Sun)
    00:05
    No title

    スプリント戦は強いですね。
    高松宮記念馬の父はうちの馬ですから,勝った時は嬉しかったです^^
    父系は人気のホンキデサクレツでしたので後継種牡馬ができるか不安でしたからね。

    フレッド #- | URL | 編集
  • 2013/02/11 (Mon)
    01:29
    No title

    ほんとだ^^
    G1馬の父ですか~。羨ましい^^
    レコード出した馬ですし、ここから更に血が広がっていってくれるんじゃないでしょうか^^
    いずれうちもお世話になるかもですw

    うちのアンコーもいつか後継G1馬・・・無理だろうなぁ^^;;

    うが #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する