第61S表彰

新Sあけましておめでとうございます。
うがっちです^^
ちょっと遅くなってしまいましたが61Sのシーズン表彰です。


第61シーズン・S-L年度代表馬61S英2000G
写真は英2000G
ジンガロアナムール3歳牡
第61Sの戦績 5戦2勝 主な勝ち鞍 英2000G(G1)・きさらぎ賞(G3)
馬主 AfRo氏


GⅠ
5月1週 英2000G ジンガロアナムール(牡3) AfRo垢

    GⅠ・1勝

GⅡ 
3月2週 弥生賞 シュウワンマタ(牡3) 集中豪雨垢
9月4週 ローズS ウガノヴィヴィ(牝3) うがっち垢

    GⅡ・2勝

GⅢ
1月2週 シンザン記念 ジンガロアナザイヤ(牡3) AfRo垢
2月3週 きさらぎ賞  ジンガロアナムール(牡3) AfRo垢
3月1週 アーリントンC ジンガロアナザオン(牡3) AfRo垢
3月3週 黒船賞    メピバカイン(牝7) のんのん垢
3月4週 フラワーC  ロサフェティダ(牝3) スクライド垢≪初≫
7月2週 プロキオンS シーモモンガー(牝6) まあ垢
10月1週 札幌2歳S エムデコットン(牝2) まぁ垢

    GⅢ・7勝

        以上 GⅠ・1勝、その他重賞9勝、トータル10勝


最多勝利馬主
アート垢 37勝


初OP勝利馬主
なし
 

特別賞
スクライド垢(初重賞)


馬主会総合成績
603勝(馬主会ランク3位)

馬主会対抗戦
1448P(馬主会ランク3位)


<コメント>
第5回の表彰式です^^
ちょっと忙しくて更新遅れて申し訳ありませんm( __ __ )m
61Sは重賞は二桁に乗せましたが・・・GⅠがとうとう一個になってしまいました Σ(゚д゚lll)ガーン
春先の勢いは物凄かったのに、そこでパッタリ息切れしちゃいましたね^^;
全体的に振るわないシーズンでしたが、AfRoさんやのんのんさん、スクライドさんなど、ベテランの方々とリーダーの活躍で何とか重賞二桁に乗せました^^


第61S年度代表馬はジンガロアナムール。
唯一のGⅠ馬とはいえ、そんな消極的な理由だけではなく他にもGⅢに勝っているので文句なしですね^^
AfRoさんはこのアナムールを筆頭に桜花賞狙いの配合がことごとく牡馬という不運に見舞われたそうですが、その怒りをぶつけるような春先の重賞ラッシュでしたw
おめでとうございます^^


最多勝馬主は、今回初となりますアートさんです。
赤手拭さんも久々に重賞なしと不本意なシーズンになってしまいましたが、アート垢でコツコツ勝利を稼いで初の最多勝を獲得されました^^
おめでとうございます^^


特別賞はスクライドさんです。
別垢ではいくつも勝ってらっしゃいますのでかえって失礼かとも思いましたが、無料垢で重賞勝つ大変さを考慮し表彰させていただきます。
今度はGⅠ勝って表彰させてください^^
おめでとうございます^^


馬主会勝利数、対抗戦ともに微減で3位に後退。
勝利数は60Sとほとんど変わらなかったんですが、どっかの馬主会がやたらとスカウト活動に力をいれて大膨張し、終わってみれば60勝も差をつけられて3位フィニッシュになってしまいました^^;
いつの間にかうちよりメンツが充実してる気がするのが非常に悔しいですねw
早いところ立て直さないと^^;;



少々寂しい表彰式になってしまいましたが、新Sの展望です。
60Sまでの受賞常連のジャバさんがなんと無冠^^;
捲土重来を期すであろう新シーズンでの活躍に期待です。
赤手拭さんもS-L最多勝くらいで満足してるはずはないですし、ラーさんが新Sはどんな馬をS-Lに残していくのかもわかりません。
昨SこそG1勝ってないものの安定してるまぁリーダーもいますし、誰が代表馬の座を射止めるか全く予想が付きませんねw
また、昨S気を吐いたベテラン勢に負けない新勢力の台頭も望まれるところです。下からの突き上げがあってこそ活気のある馬主会になりますしね。
せっかく規模、実力共に拮抗してるパフォーマンスルームという馬主会が出来たことですし、切磋琢磨して遥か先を行く遺産を追いかけましょう^^


では、最後にもう一度、
受賞者の皆様おめでとうございました^^

でわでわ^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する