第73S表彰

新Sあけましておめでとうございます^^
うがっちです。早速恒例の年度表彰いきましょう^^

第73シーズン・S-L年度代表馬
73SチャンピオンズC 
写真はチャンピオンズC
ウガノシニョン4歳牝
第73Sの戦績 7戦5勝 
主な勝ち鞍 チャンピオンズC(GⅠ)・東京大賞典(GⅠ)・七夕賞(GⅢ)・新潟記念(GⅢ)
馬主 うがっち

GⅠ
3月5週 ドバイWC エムザドウトンボリ(牡7) まあ垢
5月3週 プリークネスS センザイノウリョク(牡3) ジャバ垢
6月1週 ベルモントS センザイノウリョク(牡3) ジャバ垢
6月4週 帝王賞 エムザドウトンボリ(牡7) まあ垢
7月2週 ジャパンダートダービー センザイノウリョク(牡3) ジャバ垢
12月2週 チャンピオンズC ウガノシニョン(牝4) うがっち垢
12月5週 東京大賞典 ウガノシニョン(牝4) うがっち垢 


GⅡ
5月2週 京都新聞杯 ジンガロダイタイ(牝3) ラーソン垢
8月3週 ブリーダーズGC エムザドウトンボリ(牡7) まあ垢
9月4週 日本テレビ盃 エムザドウトンボリ(牡7) まあ垢

GⅢ
3月5週 マーチS ニセンネンモンダイ(牡6) ジャバ垢
4月3週 アンタレスS ニセンネンモンダイ(牡6) ジャバ垢
5月4週 さきたま杯 ジンガロアンダアナ(牡6) スカンジ垢
6月3週 エプソムC ジンガロパスヒーロ(牡6) ラーソン垢
7月2週 七夕賞 ウガノシニョン(牝4) うがっち垢
7月3週 函館記念 ジンガロワンロイ(牡5) スカンジ垢
7月4週 エルムS ニセンネンモンダイ(牡6) ジャバ垢
8月2週 クラスターC ニセンネンモンダイ(牡6) ジャバ垢
9月2週 新潟記念 ウガノシニョン(牝4) うがっち垢

以上GⅠ7勝、その他重賞12勝、トータル19勝

最多賞金獲得馬主
ジャバ垢 12億4067万

最多勝利馬主
ラーソン垢 55勝

特別賞
センザイノウリョク(ジャバ垢)
シーズンGⅠ3勝


馬主会総合成績
627勝(馬主会ランク3位)




<コメント>
第17回目の表彰式です^^
重賞G1共に増えました♪

73Sの年度代表馬はウガノシニョンとしました。
3頭がGⅠをそれぞれ複数勝利。高レベルで拮抗する中での難しい選考となりました^^;
勝利数だけで言えば3勝のセンザイノウリョクになるのですが、皐月賞馬を撃破したJDDは文句なく高評価なものの、3歳海外GⅠは相手関係的にどうしても評価が低くなってしまいます。後半戦の不調も響いて落選となってしまいました。
エムザドウトンボリは後半若干調子を崩したものの安定した走りで昨Sに続き代表馬に選ばれるにふさわしい活躍を見せてくれたのですが、直接対決の結果を踏まえてシニョンに軍配が上がりました。
手前味噌と思われるかもしれませんが、自分なりの選考基準を厳密かつ客観的に当てはめての選出です。
どうぞご了承くださいm(_ _;)m


最多獲得賞金馬主は今Sもジャバさん。
全体でも8位入賞ですね^^
67S以降7S連続でトップ10を維持する安定感は素晴らしいですね♪
ラーソン垢が必死に食い下がり1億2000万差まで迫りましたが、そこまででしたw
おめでとうございます^^


最多勝利馬主は・・・・ラーソン垢でした。
こちらは過去類を見ないほどの大接戦。
最終週に4勝を加え猛追したジャバ垢を僅か1勝差で交わしきりました。
実は新馬・未勝利戦を除くと順位がガラッと入れ替わり、1位のんのん垢2位ジャバ垢3位ラーソン垢となったりして・・・^^;
ちなみに、最終成績は・・・・()内は新馬・未勝利戦抜き成績
ラーソン垢55(42)勝、ジャバ垢54(43)勝、まぁ垢53(37)勝、のんのん垢51(44)勝。
とんでもない戦いでしたw


特別賞はセンザイノウリョクとしました。
代表馬選考では落選したものの、1SでGⅠ3勝という成績はS-L年度表彰開始以降でも限られた馬しか達成していません。当然称えられてしかるべきだと思います。
ということでこちらでの受賞とさせていただきました。
おめでとうございます^^


73Sは常連勢の活躍が目立ったシーズンとなりましたね。
72Sから引き続いたジャバ・まぁ体制に後半うちが食い込んだという展開となりました。
全ての重賞勝利がこの3人の所有垢。3人でこれだけ勝利数を積み上げられたのは立派ですが、若干寂しさも禁じえないですね。
なお、GⅠ7勝、今回は全てダートレースとなりましたw相変わらず妙な偏りを見せてくれますw
さ、新Sの展望です。
73SのGⅠ馬3頭が揃って現役続行となるため、当然この馬たちが中心となるでしょうが、中でも軸となるのは間違いなくウガノシニョンでしょう。牝馬には不利な中距離を戦場とするだけに今後は取りこぼしも増えるでしょうが、それでもGⅠを連勝した力は本物です。どこまで勝ち鞍を増やせるか注目です。
72S代表馬エムザドウトンボリは年齢が年齢だけにフルシーズンの活躍は厳しいかもしれませんが、東京大賞典では復調を感じさせる走りも見せ、実力は決して衰えていません。路線が被るシニョンともまだまだ名勝負が期待できそうですね。
センザイノウリョクは古馬との対戦に苦戦していたようですが、自身が古馬になって復活なるか?というところでしょうか。
また、スカンジ垢のジンガロワンロイが早速中山金杯を勝利。幸先良しですね^^
続いて主役候補に躍り出る馬が何頭現れるのか、期待して見守りましょう^^
更に、新Sの目玉はもう一つ。
ジウチさんがT-Lから合流してくれました^^
今のところは期間限定のスポット参戦ということですが、これほどの実力者の加入はいい刺激になりますね^^
以前あれだけ隆盛を誇ったLegendグループが今ではS-L1つに収まりきってしまう現状は淋しい限りですが、また活気を取り戻していきたいですね^^
新Sもみんなで頑張りましょう^^

では、最後にもう一度
受賞者の皆様おめでとうございました^^

でわでわ^^
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/04/11 (Sat)
    19:54

    ジウチさんの参戦は非常に嬉しい限りだ^^
    いつ帰る(帰れる?)のかはわからんけどT‐Lリーダーが戻るまではウチ(S‐L)に居るしかないか^^;;;
    ま、でもウチ個人的にも良い刺激になって更に成績不振に陥る可能性も否定できないなぁw

    みなさん、がんばろーっ!

    まぁ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する