二度目の会合

こんばんわ、うがっちです^^

昨日はロン鯖イベント第二回の会合でした^^
が、今回はたいしたことは決められず^^;;

ハンデ設定はやっぱり難しいですね。
うちとしては、個人戦上位の賞金を予想して、運と頑張り次第でそこまで届くというラインでハンデ設定できればと思っていました。

公式イベのケイデンセカンド産駒のイベント。うちはレベル16以上で2頭とも入賞してたんですが、その時の賞金と順位が9位で9200万、17位で4500万くらいだったかな?
1垢で複数エントリー可能だったので一概に比較できませんが、今度撒いてもらう予定のウォーエンブレムはケイデンセカンドに比べて初期アビが1つ多いこと、能力を高く設定可能なこと、ただし参加数が比較にならないことを考えて、大体上位はそのくらいになると思われます。

もう1つ、S-Lで以前ジャバさん主催でリーディングサイアー級のユーザー種で産駒イベントを行った事があるんですが、その時の1位が7500万、3位5250万でした。
こちらは種の能力が高すぎて参考になりにくいかもしれませんがw


ハンデ設定の基準になるのは、誰でも入手可能なシステムの栗毛牝馬クリフジ(パラSSAAAA)として・・・
クリフジの産駒だと、勝てるのはせいぜい500万条件までで以降は手薄なレース探して入着賞金稼ぐって感じになるんですかね?
そうすると総賞金は3000万あたり?
ソニック筆頭に強力なアビがいくつか付けばそれ以上も可能かな?

とすると
入賞ラインを5000万として、肌馬の方では1000万くらいのハンデ、馬主レベルのほうも最大1000万くらいのハンデで、合計して1垢最大2000万くらいのハンデ
それでいい勝負になるかな?と。
あまりハンデ大きすぎて自前繁殖で参加すると損ってなったら逆効果だけど、逆にハンデが小さすぎても意味がないし。

パラ点数化すると、クリフジのパラはオールSSより10点低いので、1点=100万でわかりやすいしw
S3の扱いに困りますがw
あ、馬場適性もSSから1つ落ちるごとに100万で計算(芝orダ高い方のみ)してもいいかな。


と、これがうちの当初考えてたハンデ案なのでしたw
本当は会合開始前に叩き台として載せておきたかったのですが、色々あって時間がなかったm(_ _)m


ただ、とーもさんから係数掛けのハンデ案が提案されまして、実はこれはうちには完全に盲点でした。
低パラの肌使っても色々挽回できる術を持つ高レベル馬主さんなら、固定額のハンデだと設定額次第ではわざわざ栗毛牝馬用意するよりクリフジで参戦する方が楽だし旨味もあるんですね。
そう考えるとどちらかには係数かけた方がいいもしれません。数値はちょっとわかりませんが。


一応ハンデについてはここまで^^
功労馬のことも含め、次までにまたもう少し考えを進めてみます。


あと、カミさんからいっそチーム戦じゃなくてもっと大きな括りで運動会みたいな対抗戦やったら?って提案もw
少人数のチームだと戦犯探しとか起こる可能性もありますが、それだけ大人数になればそういう心配も減りそうw
確かに面白いけど、リーダー役になってくれる人が引き受けてくれるかというのが一番の問題ですねw


あと、個人的にはプレイベ(栗毛牝馬最軽量勝利)の方の話を早めに詰めないとなとも思ってたり^^;
来S開始となるともうほとんど時間ありませんからね^^;
まぁ、詰めるといっても、統一種付け料の設定して栗毛の全体公開種持ってる方へ協賛お願い、あとは本イベントとの賞品配分をどの程度にするか・・・くらいですけど。
あとは栗毛のカード種リストでも作れればいいけど・・・さすがに手がまわらないか^^;
とはいえ、本イベントの方は他鯖の方にも結構見ていただけるくらいの注目度は出てきたようなので、告知という面ではプレイベする必要はあまりないかもしれませんし、間に合わないなら今回無理に間に合わせず、別の機会に一個の独立イベントして改めて企画しなおすもありかなとも思いますがw


でわでわ~^^
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/08/31 (Mon)
    22:28

     難しいですね^^;
     ハンデのやり方も重要だけど、一番難しいのはどのくらいのハンデにするかってことですね これが一番の課題かも^^;

    とーも #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する