株制度について

こんばんわ、うがっちです^^


前回のブログのお願いが通じたのか運営ブログで種牡馬株についての説明がありました。

いろんなブログで触れられているのでなるべくそれ以外の話を書くことにします。


とりあえず、一番気になったのが株不所持でも全体種の種付けは出来るというのは変更ないのかということ。

川村Pの以前の説明(運営ブログ2015/9/14)では

1.種牡馬株(公開馬主様およびプレミア会員様限定):種牡馬株での種付は活性扱いとする
2.余勢枠(プレミア会員様優先で通常会員様にも当選の可能性あり):余勢枠での種付は活性扱いとする
3.共通種牡馬株(アイテム使用によりどのユーザ様も使用可能):活性扱いとする
4.上記以外の通常種付(プレミア会員様限定):活性扱いとはならないが、ゲーム内資金でいつでも種付可能→売上は種牡馬株主の株割合で分配
』、(公式ブログより引用)
となっており、
株&余勢枠を持っていれば活性種となる。株を持ってなくてもプレミア会員は(非活性だが)全体公開種を変わらず種付けできる

といった感じだったと思います。

早い話が、現行ではGⅠ勝利馬に1回無料で与えられる活性種カード作成権。株システムではそれを期限付きで大量作成し売却できるものだと思ってました。

つまり、

・全体公開終えるまで毎S1回有効な活性種カード・・・種牡馬株
・そのSに限り1回有効な活性種カード・・・余勢枠

というような理解でした。


ただ、今回の説明では、馬主会公開の種牡馬(=株システムとは関係ない)ですら種付けに回数制限があるということになってます。
とすると、普通に考えれば全体公開の方が条件は厳しいだろうし、株(or余勢枠)を持ってないとプレミア会員ですら種付けできないように変えたのか?と。
そんな疑念がよぎります。

それとも、一部であるらしい馬会での種の囲い込みを防ぎ、全体種の数を保つ為に敢えて馬主会公開の方の条件をきつくしたってことなのかな?

ただ、種付け料の上下の説明時に、
種牡馬株(全体公開)は産駒成績によって余勢枠や共通種牡馬株での種付料が変わります。』(運営ブログより引用)
と、通常種付けについて言及していないのも気になります。


他には、1人の馬主が申し込める株&余勢枠の上限はどうするんだろうというのも気になります。
株&余勢枠の申し込み上限次第じゃ複垢使って買い占めて他馬主の種付けを妨害する・・・なんて悪意ある方法も成立しちゃうような気がするんですよね。抽選ということですから全部買占めとはいきませんが、資金に任せて相当数抑えてしまえば、思うように種付けできない馬主さんも多く発生するのでは?と思います。
資金的な面では無駄が多いし、あまりに後ろ向きな方法ですが、たとえば毎S多数のシンジケート結成種牡馬を作っちゃうような大馬主さんだったら、買占めた分リターンも入るしやろうと思えば大して資金的なダメージもなくやれてしまいそうな気がします。

また、全体公開するとして、仮に50株作れるとして全部自分保有とかできるんでしょうか?
確か最低10株保有とは書いてたけど最高どこまでとは書いてなかったような気が・・・
全部保有して余勢枠だけ売るとかw



あと、プレミア会員にもシンジ券の使い道を作られちゃうと、通常会員としてはちょっと困るなぁ^^;
KP半額にしたんだから買ってくれってことなんだろうけど^^;;
うーん・・・
システム種のパラ上げてアビつけて使いやすくするからそっちで頑張ってねーって感じなんでしょうか。



色々書きましたが、やっぱり一番は最初に書いた

「株がなければ種付けできないよ。株の抽選に漏れたら課金して共通種株買ってね」

という事態になるのを非常に懸念してます。



それだけは絶対ヤメテ


大多数のユーザーを束縛するだけでほとんどメリットない。



すでに月額課金してるプレミア会員が、自由に種付けするのに課金しなきゃいけないような事態になったら、それはもう終了一直線だよ


うちの読み違いだったらいいんですけどね・・・

次の公式ブログの更新でうちの不安をスッキリ晴らしてくれることを祈ります

でわでわ^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する