昨日の続き・・・

こんばんわ、うがっちです。

ロン鯖は今日は皐月賞。
なんだか色んなブログで取り上げられてて注目度の高いレースでしたが、勝ったのはウタタネさん。
こういうとき空気読まずに勝つのはカミさんだと思ってたので意外でしたw
にしても、華麗な大逃走劇でした^^
大レースで逃げが決まると気持ちいいだろうなぁ^^
おめでとうございます^^


さて、昨日のシンジケートの話の続きというか、幾つか疑問とか提案とか

シンジケート全体公開についてですが・・・
全体公開を選択できるのは引退時のみ?今と同じように任意の時期に可能?
まずこれが最初の疑問です。
任意に可能じゃないとちょっと色々不自由な面が出てきそうなんですが。

で、一番混乱しやすいのはこの部分。

『Q.全体公開から種牡馬株募集、余勢枠募集の流れは?
 A.全体公開を1月1週にした場合、
  ・種牡馬株募集期間:1月2週~2月2週まで5日間
  ・余勢枠募集期間:2月3週から12月5週までシーズン末まで
  それぞれの抽選は募集締切の日次メンテナンスで行われます。』
(運営ブログより引用)

運営ブログに出してる例が1月1週公開なので誤解しやすいですが、
全公開設定した翌週から5週が種牡馬株の募集期間。その後6週目から52週目までが余勢枠の募集期間って認識でいいんですよね?

例より1ヶ月ずらして2月1週に公開すれば
3月2週までが種牡馬株の募集期間。その後は毎S1月4週までが余勢枠の募集期間。って事。種牡馬株の抽選は3月2週日次メンテ後、余勢枠の抽選は1月4週メンテ後。

『12月5週までシーズン末まで』ってところがちょっと理解に苦しみますが、多分『12月5週まで』と書き直して消し忘れたって感じなんでしょうか^^;
それとも、いつ公開したとしてもシーズン末で募集は切りますよってことなんでしょうか?
それだと12月引退の馬とかは余勢枠の募集期間なくなっちゃうから違うと思うんですが・・・。



とりあえず、以降は52週後に余勢枠の募集締め切りという前提で話を進めます


保持制限ある余勢枠数ならなるべく活性種を枠に使いたいだろうし、そうすると1月2週~2月頭くらいまでの間に公開するのが主流になるのかな?
こうすれば余勢枠の募集の締め切り前は新Sに突入していて既に活性種がわかっているので、効率的に余勢枠の申し込みが出来ると。
もちろん、そこに有力種の募集時期が集中するのを見越して、敢えて別の時期に登録して注目集めよう・・・というのも作戦としてはありそうですが、デメリットの方が大きい気もしますね^^;


で、提案その1です。
余勢枠の募集期間ですが、52週ではなく半分の26週くらいでいいんじゃないかなと思います。
理由は52週の場合、4月以降に引退した馬はすぐ募集かけても余勢枠の抽選日が遅くなりすぎて翌Sの種付けに使えず、さらに余勢枠は性質上毎S同じ時期の抽選になるので不利。必然的に翌Sの1月~2月まで公開を遅らせるしかなくなり、結果翌々Sの種付けにようやく間に合うといった感じになりそうだからです。
26週なら夏ごろまでで引退、公開すれば翌Sの種付けにも間に合います。
それと、応募する側の視点から考えても、応募中も枠を消費してしまうのでうっかり早い時期に応募してしまうと随分長い間枠を無駄にしてしまうという可能性があります。



で、提案その2です。
種牡馬株&余勢枠の募集開始日、募集締め切り日にはトピックで紹介してほしいですね。
恐らく提案するまでもなくそのつもりだろうと思いますがw
先着有利みたいな制度もないので基本的に枠を無駄にしないためにギリギリ応募になると思うので、締切日の告知をしてもらわないと応募忘れる人続出しそう^^;
で、ついでに牧場長コメントみたいな感じでその種の(マスクデータ的な)長所or短所なんかもちょろっと載せてくれると色々参考になるかも


とりあえず今日はこんなところかなー

また何か思いついたら書くことにします。

なお、ここ数日書いてる内容は全て個人の推測なので、的外れだったりしても責任は取りませんのでご了承くださいm(_ _;)m


でわでわ^^
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/04/23 (Sat)
    14:17
    勘違い^^;

    出先なんで簡単になりますが
    どうも壮絶に勘違いしたみたいw
    これだと種牡馬株より余勢枠の方が優遇されてることになっちゃうし、これはないな
    余勢枠はあくまでオマケなんだから、12月公開で余勢枠の募集期間がなくなっても問題ないわけだ

    公開時期に関わらずシーズン末までの募集期間って理解でよさそうですね

    うが #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する