決戦の日曜日

こんばんわ、うがっちです^^

いよいよ今日はダービー。
もうジタバタしても仕方ないですね。
出走表はこちら

ダービー馬柱


出走表とかUPしたの初めてだw
印は◎2つと悪くないですが、距離適性に印がないとどうにも心細いですね。
入着狙いの3歳海外でもなければ、今まで中心距離以外でGⅠに出走させたことはないですからね^^;
この点だけでも身の程をわきまえない事をしてるなぁと思わなくもない^^;
それでも出来る限りの事はしてきたつもりです。

ヒロさん伝説王さんが出走してないのでチャンスではありますが、だからといって間違っても楽なレースなわけはなく。
印的に一番怖いのはパパさんかなぁ。
見落としてましたが前走青葉賞は上がり補正を失ってのタイムだったんですね。となると、かなりの上積みがありそう。
他にも怖い馬は何頭もいますが、あんまり書いちゃうとますます不安になるので・・・^^;

最後は信じるだけですね。
頑張れフレンド^^

今日はダービーのほかにも4つのG1レースがありますが、
S-Lは

ダービー日G1リスト

と全てのレースに有力馬を送り込んでます。
日付が変わる頃にはお祝いラッシュになっていることを祈ろうと思います。


あ、このところフレンドのネタばかりで忘れてました。

■馬主会公開馬について
『公開シーズンは取り消せない』という制限は必要あるんですかね?
公開2頭制限が撤廃された時点でこの制限は無意味なものになってます。
むしろ全公開する障害に^^;;
『1シーズン内で馬主会公開・取り消しは可能。取り消した場合同一馬主会に限り再公開は可能。但し取り消した後に全公開は可能。』
でいいんじゃないでしょうか?


というか、2頭制限が撤廃された時にてっきりこの制限も撤廃されたものだと思い込んでて、数週間馬主会公開した後ホンキを全公開しようと思ってたのに、取り消せなくなっちゃって非常に困ってます。
この点に関しては全公開ばかり気にしていて馬主会公開についてはあまり読んでなかったうちの落ち度ですが、特に理に合わないということはないと思います。

たとえば、12月にPO引退した馬がいたとします。
即全公開しても株を全保有しない限りは余勢枠の締切日は翌Sの末となり、使われるのは翌々S。となれば初年度に種付け数が確保できない可能性があります。
もっとも、株を所持していれば翌S種付けできるので株売却の為にあえてその時期に公開するというのは一つの手ではありますが。
この場合、現役時に華々しい活躍をしパラも良く、種牡馬として成功が約束されてるような馬などはそれでもいいですが、微妙な成績で種牡馬入りしたような馬の株はまず売れず、初年度産駒0という事態が多発しかねません。
なので翌S初めまで馬主会公開してある程度種付け数を確保し、生産Sが一段落した後に翌々Sに備えて全公開に切り替えるというのも一つの選択肢としてあったほうがいいと思うんです。

どうかご検討をお願いします。

でわでわ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する