ニックスについての提言

こんばわ、うがっちです^^

今日はBC招待皐月賞

武カード使用していたので期待してたんですが・・・本戦4着、決勝5着^^;
指数的にはどっちも124で、ちょっとしょっぱい結果^^;
決勝で掲示板に載ったってだけでも立派なはずなんですけどね。
ちょっと贅沢になっちゃいました^^;
いつか勝てる日は来るんでしょうか・・・


併せ馬イベント


イベントの効果はなかなか凄いですが、効果の程度に幅があるためレース2~3週前でも併せようと思ったら疲労抑制+2以上が必要ですね。
ただ、併せ漬けをしている馬なら調教カード使っておけば普段は宇宙食、疲労抑制効果が高く出たときは大盛りカイバ等の使用で連日併せ一杯をこなせるので、そういう使い方としては非常に有用といった感じでしょうか。
期待馬がいる人にとっては非常にありがたいイベントかもしれませんね。


・・・うちにはいないですがΣ(゚д゚lll)ガーン

あと、併せ馬カード『併せ調教の手応え』の出現率はやっぱり調教カード使用してる時ほど高い気がします。
馬ごとに固定の出現率とかかかれてましたけど、結局調教カード使ってると出やすい印象。
とはいえ、交換アイテムとしてはほんとにオマケ程度なので、併せ馬カード目当てに無理に調教カード使う必要は全くないでしょうね。


系統追加について


以前の記事にも書いた疑問はとりあえず今の時点も引き続きのこっています。
ひとまず、18日のブログで新系統について触れていただきましたが、

・リリース時点より前に既出している種牡馬カードおよび
 ユーザ馬に関しては、系統の変更を行わない
(7月20日の公式ブログ「けいでん」より引用)

この点の変更はないのでしょうか?
だとすると、

■フォーティナイナー流ミスプロ系種牡馬の産駒の扱いは?

■新系統に割り当てられる系統から、既にオリジナル系統が発生していた場合、オリジナル系統のニックスはどうなるのか?

この2点はリリース前に解説をお願いしたいところです。
折角の新系統なのに影響力がないのでは?という疑問については固定種牡馬大会の開催という形で一つの答えは提示してもらえましたね。
これは良いと思います。
といっても提供されるカード種の遺伝は低いでしょうから、性別でランキングして牡馬1位は遺伝SSとして全公開とかの特典つければ系統の定着にも繋がるかもしれませんね。


新系統のニックスへの提案

新系統は今の系統の子系統になるので、今回のフォーティナイナー系もそうですが、親系統よりもニックス系統が少なくなるケースが多いと思うのです。
本来は活躍馬が多いからこそ新系統として独立するのに、かえって使い勝手が悪くなって新系統が使われなくなるというのでは意味がないと思います。
そこで、活性に強活性と弱活性があるように、

ニックスにも強(通常)ニックスと弱ニックスを設定するというのはどうでしょう?

便宜的に強ニックスとしましたが、現在競伝で成立している全ニックスはそのまま強ニックスとなり、実際の効果は現在のニックスと同程度で。

どうして2段階にするかというと、今回のように新系統として独立させる場合に、新系統としてプラスされるニックスの他に、親系統が持っていたニックスを弱ニックスとして残すんです。
で、新系統としてのニックスと、親系統の持ってるニックスが一致する場合、強ニックスとなるというイメージ。
今回のケースだとヘイローとニジンスキーとノーザンダンサーが強ニックス、新系統に追加されたリファールとミスプロ系の持ってる残りのニックスが弱ニックスになるという感じですね。
これだと強ニックスとしては親のミスプロ系の方が多いですが、リファール系が加わった分弱ニックス含めたニックスとしてはフォーティナイナー系の方が多くなり、使い勝手は充分です。

ミスプロ系やボールドルーラー系やノーザンダンサー系など元々ニックスの多い系統の新系統がますます有利になるかもしれませんが、それとは別に、今までニックスがなかった零細系統にも弱ニックスを追加していけば、全体でもバランスが取れると思います。

個別のニックス云々については実競馬に詳しくないのでなんとも言えませんが、うちなりに思うところを提案として書いてみました。
とはいえ、さすがにこの短時間でニックス自体に手を入れるというのは難しいでしょうが^^;

ただ、別に31日リリースという予定を守る必要はないと思います。それよりも、充分に練りこんでから新系統の追加をお願いします。


でわでわ^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する