意外な結末

おはようございます、うがっちです^^

今日は休みなのでこんな時間に更新^^;
昨日書きかけて寝落ちパターンでした^^;

だいぶタイミングを逃してますが、第一の話題はこちらです。

秋華賞


83S秋華賞着順

てんてまさんやカミさんのブログで既に触れていただいてますが、うちのジンガロクラクラがヒロさんの牝馬三冠の夢を阻みました。
実はレースの流れを画像つきで実況風にコメントしていこうかと考えてたんですが、実況風だとどうしても主役はヒロさんの2冠馬になってしまいます。
それは当然なのですが、コメントを書くのが勝者の側からだとゴール付近でのコメントがやたら白々しく見えてしまいそうなのでやめました^^;

というか、実はクラクラ、本来マイラーなんですがすっかり秋華賞仕様になってました^^;
前走後に個性がスタミナ型に変化して更にハイピッチまで取得。さすがに秋華賞アビは持ってませんが、もし持ってて使ったらついたかもしれませんね^^;
夏ごろは2000の計測だと10回やってもリミット一回出るかどうかというような状態でしたが、秋華賞前日には3割程度リミット超えるようになりました。
運営神の見えざる手でも作用したのかってくらいの劇的な変化^^;
まぁ、それでも相手の強大さを考えるととても強気にはなれませんでしたが。
レース前日に3分7分って書いたのはリミット超える(3割程度)くらいなら上手くすれば勝てるんじゃないかって言う意味でした。
勝てるといっても、叩き合いの大接戦の末にとか、相手が抜け出した後に隙を突いて大外強襲とか、そんなギリギリの勝負のイメージ。

それにしても、明らかにヒロザハイスペックの走りはおかしかった。
緊張して力を出し切れなくなる3冠補正とかあるんでしょうかね^^;
全然力を出してなかったのは、タイムはもちろんですが今日秋天に出走してくるあたりからも察せられますね^^;

色々予想外で、まるでうちの馬が勝つのを見てほしくて煽りまくったみたいに見えてしまいそうで申し訳ないのですが、それでも勝ったのはうちの仔ですし、胸を張りたいと思います^^


昨日のレース


昨日のGⅠはBC&菊花賞。
S-LからはBCマイルにジウチさんのジウチワイマール、BCスプリントに郷土富士さんのフジカタヤマの2頭のみとやや淋しいことに^^;;
うちのもどこかに出すつもりだったんですが、珍しく中距離に良い馬が集まってるせいでローテ管理が崩壊し、気が付けば出せる馬がいませんでしたΣ(゚д゚lll)ガーン
ブリーダーズカップ

BCマイルのジウチワイマールはマークする馬を間違えたというような負け方でしたね^^;
同世代のライバル・ヒロザサクラを徹底マークして、直線も遂に譲らなかったんですが、そちらに意識を向けすぎて外からの強襲に対応できなかったというような感じに見えました。

BCスプリントのフジカタヤマは、春のドバイGSを勝ってから5戦負けなし。常に1番人気を背負い、必ずその人気に応えるという横綱ぶり。
当然ここでも1番人気に推され、かなり堅いレースになるかと思われましたが・・・。
もう1頭、横綱級の強さを見せるスプリンターが参戦していました。
ファストティトー。戦績8戦7勝。唯一負けたのは先日のスプリンターズSで、その敗戦すら壮絶な死闘を演じました。
共に追い込み馬、最後の瞬間まで目の離せない追い比べになるかと思われましたが、思ったよりも差のついた決着となりました。
ファストティトーはフレッドさん入魂のブランドフォード系。
父のファーストブラゼルは宮本興業さんの持ち馬ですが、それより前の7代は全てフレッドさんが繋いできた血統です^^
ちなみに、フジカタヤマもそれまで3代郷土冨士さんが繋いだ後にジウチさんが1代繋ぎ、そのジウチさんの馬から産まれた仔。いわばお互いに出戻りの仔です。
面白い共通点ですね。
馬齢も同じ、脚質も同じ、ファストティトーは基本芝路線のようで対戦は少なくなるでしょうが、対戦するときは素晴らしいライバルとなりそうですね^^

というように見所は多かったのですが、結果として、ジウチワイマール、フジカタヤマ、ともに2着となりました。
残念(ノД`)シクシク

富士ステークス

S-Lから4頭、T-Lから1頭の5頭が出走。
勝ったのはまぁさんのヒトムカシマエナラでした^^
レースはカーリアロックロが大逃げ。
差し馬にとっての好枠、大外枠から直線真っ先にスパートをかけると、逃げねばるカーリアロックロを捕らえ、更に真ん中から伸びるエヒロを抑えてゴールイン。
これがヒトムカシマエナラにとって初の重賞^^
一昔前どころか現在でも通用すると証明しました^^
おめでとうございました^^


天皇賞秋


今日は秋天です。S-Lからはジウチさんのジウチゲンブー、うちのウガノシールド。T-Lのまぁさんからジュンジタカダが出走します。
83S秋天出走表

ジウチゲンブーは帝王賞を勝ち勇躍海外遠征をするも今ひとつの結果。帰国して福島民友Cで2着に入り、復調進む中でのレースです。
上がり馬補正もありますし、期待できるんじゃないでしょうか^^
また、まぁさんは富士Sに引き続き大外の好枠ゲット^^
前走に比べて斤量が3キロも軽くなり、富士Sのような直線一気が炸裂するかもですね^^
そしてシールドですが・・・なんでしょう、この不安になる印と人気のなさは^^;;
テンテマセイヴァーとのライバル対決もこれで4戦目、印は圧倒的に向こうが上で、今回は武さんはテンテマセイヴァーに味方。
そして出走馬に差しがかなり多く、ペースも先行馬に有利になりそうな気配です。
かなり不安は大きいですが、この秋天はシールドの母シニョンが一番の目標にしながら遂に勝てなかったレース。
なんとか頑張ってほしい^^
他にもヒロザハイスペックの参戦もあり、このレースも予断を許さない展開になりそうですね。


(。゚ω゚) ハッ また運営ブログネタにたどり着けなかった
もういい加減眠いし、仕方ないね^^;

でわでわ^^二度寝します(。´-ω-`。).zZ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する