前回のお詫びと訂正^^;;

こんばんわ、うがっちです^^


2月の頭に手の甲を骨折したと書きましたが・・・実は未だに通院してました^^;;

で、今日レントゲン撮ったところ、ようやくくっついたようです。

ええ・・・かれこれ3ヶ月以上・・・orz


手首と指を繋いでる部分は結構小さい骨が幾つかあるそうなんですが、その一番外、小指側の付け根の骨がずれて隙間が出来ていたそうなんです。

ただ本来は、なるべく早くずれた部分を元に戻して固定してしまえば、後は数週間程度の経過観察で済んだそうなんです。

が、なにしろ最初に行った病院で見事に見過ごされてしまったのが運の尽き^^;
骨に異常なしという診断を信じて痛みをこらえて仕事して、結果的に数倍の時間がかかってしまいました。

別の病院で診断受けたのが怪我してから一ヶ月後で、そこまで経ってしまうと隙間が新たな骨で埋まり始めていたので今更処置も出来ず、でも仕事を休めなかった影響で隙間も遅々として埋まらず、更に2ヶ月経ってようやくでした^^;;

でも、隙間はなくなったはずなのに痛みは相変わらずあるんだよなぁ・・・
もう諦めるしかないのかも^^;


皆様も怪我などで通院した際、どうもおかしいなと思ったら、早めに別の病院でも検査を受けてみてくださいね^^;;


で、帰りは帰りで電車が止まってえらい目にあうし・・・(´Д⊂ヽ
ただでさえ遠いのにさらに遠回りする羽目になって疲れました。


さて、愚痴が終わったところで本題のお詫びです^^;

性格と併せ調教について訂正とお詫び


はい、前回、15頭併せ調教で長所強化のみが発生したのでもうこれは間違いないだろうと思って断定してしまったんですが・・・
今日2頭の併せ調教で短所矯正が発生しました^^;;
しかも、そのうちの1頭は以前併せで長所強化が発生した馬でした。

なんつータイミング^^;;;

ただ、確率的には長所強化17頭対短所矯正2頭ということで、やはり長所強化の率が圧倒的ではあるので、併せ調教では短所矯正よりも長所強化が起きやすいというように訂正させていただきます。

間違った情報を流してしまって申し訳ありませんでした。

しかし・・・


これもうわけわからんですね^^;

現時点ではレアケースの、併せの短所矯正が発生した2頭が性格分岐解明のヒントになりそうなんですが、調教履歴など見ても他の併せ調教馬との差異は見つけられませんでした・・・。

法則性的なものを見つけるのは結構得意なタイプなんですが、ちょっと現時点では見当も付きません。
うーむ^^;;

実は長所強化も短所矯正も、単に効果の大小を示しているだけで、後天的性格分岐の指標にはならないのかも!?

英セントレジャー結果


はい^^

88Sセントレジャー結果

ほんとに廬山昇竜●炸裂したみたいです(*^ー゚)v
ビックリするほどの完勝でした
とりあえず系統存続決定で良かった良かった^^


で、今日厩舎に戻ったら

菊チャレンジ

こんなクエが。
でも、

英セントレジャーでの死闘に全てを出し尽くしたシリュウは、続く菊花賞、嘘のようにボロ負けした・・・

なんてオチが待ってそうで怖いんですが^^;;
てか、米寿イベで人気しそうでそっちも怖いですねアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

というか、このクエストで一番謎なんですが、英セントレ・・・ってそんな略し方するんですか?
「ジャー」しか略してないし、カッコでフル名称書くんなら略す必要すらないような?
やたらと業界用語っぽいのを使いたがるエセ業界人っぽくてうさんくさい感じですねw

って、これがラー垢今S初G1でした( ´Д`)=3
こっから巻き返したいところですが・・・


でわでわ~^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する