第88S表彰

新Sあけましておめでとうございます^^

今回も色々いいたい事はありますが、まずは恒例のコレをやってしまいましょう^^

第88シーズン・Legendグループ年度代表馬  
88Sジャパンカップゴールシーン
写真はジャパンカップ

ウガノキール6歳牡
第88Sの成績 8戦2勝
主な勝ち鞍 Kジョージ&QエリザベスS(GⅠ)・ジャパンカップ(GⅠ)
馬主 うがっち氏
 

~グループ獲得重賞~
GⅠ
6月1週  コロネーションカップ    ウガノニャンダム(牡5)  うがっち垢
7月4週  Kジョージ&QエリザベスS ウガノキール(牡6)    うがっち垢
9月2週  英セントレジャー      ジンガロシリュウ(牡3)  ラーソン垢
10月4週 BCターフ         ジンガロアオイカゼ(牡4) ラーソン垢
11月1週 JBCクラシック      ジンガロトップスペ(牡3) ラーソン垢
12月1週 ジャパンカップ       ウガノキール(牡6)    うがっち垢



GⅡ
4月4週  マイラーズC        トウシブレイダー(牝6)  聖闘士垢
10月3週 府中牝馬S         メゾンフォルティー(牝6) ジャバ垢
12月5週 阪神カップ         ジンガロダイリン(牝3)  ラーソン垢



GⅢ
3月5週  マーチステークス      ジョユウダマシイ(牝5)  ジャバ垢
4月1週  ダービー卿CT       トウシブレイダー(牝6)  聖闘士垢
7月2週  スパーキングレディC    ジンガロクラステン(牝5) ラーソン垢
8月2週  クラスターC        スーパーマム(牝5)    ジャバ垢
12月2週 中日新聞杯         ジンガロシリュウ(牡3)  ラーソン垢
12月3週 カペラS          ジンガロクラステン(牝5) ラーソン垢

以上GⅠ6勝、その他重賞9勝、トータル15勝



最多賞金獲得馬主
ラーソン垢 20億2651万

ジャバ垢  13億0795万
ジウチ垢  12億8588万



最多勝利馬主
ラーソン垢 70勝

ジウチ垢  58勝
ジャバ垢  56勝



特別賞
聖闘士垢

 トウシブレイダーがダービー卿CTを勝利しレベル15到達


最優秀種牡馬
ヘッポコダイクラス
 まぁ垢保有
産駒総賞金額 22億2859万(全体9位)
代表産駒  メゾンフォルティー(府中牝馬S)・ジンガロクラステン(スパーキングLC・カペラS)・ジンガロダイリン(阪神カップ)


馬主会総合成績
S-Legend 926勝(馬主会ランク 1位)
TーLegend  90勝
不知火       15勝

グループ全体   1031勝



コメント


第32回目の年度表彰です^^

年度代表馬

第88Sの代表馬はウガノキールとなりました。
GⅠ馬は5頭、そのうち複数勝利したのはこの馬だけ。文句なし、2S連続の代表馬となりました。
とはいえ87Sほどの強さは見せられず、勝利数は2勝に留まりました。
それでも8戦中7戦がGⅠと常にハイレベルなレースを着外一度だけで戦い抜き、キングジョージ、ジャパンカップともに同タイムに4頭が並んだ大接戦を類稀な勝負強さで制しました。
生涯獲得重賞6勝全てがGⅠと大舞台で謎の強さを発揮し、競走馬ランキングでトップ100入り。ロン鯖史に名を刻みました。


最多賞金獲得馬主

最多賞金馬主はラーソン垢が久々の獲得。
ジャバさんジウチさんが稀に見る不調に陥った中での棚ボタ感満載ですが、後半に調子を上げ20億を突破。
全体7位にランクインし、なんとか格好は付いた感じですね^^;


最多勝利馬主

こちらもラーソン垢が獲得。
コンスタントに前半戦から勝利を積み重ね、こちらは昨S以上の成績で2連覇を達成しました。


特別賞

せいやさんは本垢では既にレベル15になっていますが、GⅢGⅡを連勝し、GⅠも後一歩まで迫った点も考慮して受賞とさせていただきました。
本当に惜しかったです。次はGⅠを勝って表彰させてください^^
おめでとうございました^^


最優秀種牡馬

ヘッポコダイクラスが3連覇達成。おめでとうございました^^
ただ、賞金額は微減、順位も少し下げてしまいました。
種牡馬引退から2Sが経ち、少々苦しくなってきましたが、最終世代のジンガロダイリンが阪神Cを勝利しいよいよ本格化の気配。
メゾンフォルティーが復活を果たせば、再度のトップ5も不可能ではないはずです。


馬主会ランク

100勝以上の大幅増。
大差をつけ首位をキープしました^^


トータルコメント

GⅠ重賞は少々寂しい数字になってしまいました。
前半戦は特に苦戦しましたが、後半戦なんとか持ち直し、年度代表馬なしという事態は防ぐことが出来ました^^;
ただ、重賞以上では不調でも、勝利数は大幅に増えました。
山崎くんさんは固定種大会で6位入賞を果たしました。
生産レベルアップによって各会員の馬の質の底上げは進んでいる証左ですね^^
更に質が上がっていけば重賞GⅠを色んな人が勝ってくれるようになるんじゃないかと期待しています^^

さ、新Sの展望です。

2S連続の代表馬ウガノキールは引退し、3S前の代表馬メゾンフォルティーはいまだ現役とはいえ7歳。
世代交代が喫緊の課題ですね。
88SのGⅠを独占したジンガロ&ウガノ軍団の現役に突出した実績を残した馬はおらず、88S不調だったジャバさんジウチさんの巻き返し、GⅠに後一歩まで迫っているトウシブレイダーの更なる飛躍もありそうで、年度代表馬争いは混沌として予断を許さない状況ですね。
聖闘士垢に続いて馬主レベルアップを果たす会員の誕生も期待できそうです^^
良いSを送れるよう、皆で頑張りましょう。




では、最後にもう一度、
受賞者の皆様おめでとうございました^^

でわでわ^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する