久々に性格について書いてみますよー

こんばんわ、うがっちです^^

今日は久々に真面目な検証記事です。

性格によるリミット突破の検証


手元にいたオールSS馬がほぼ仕上がり、1着補正も無事取れましたので、ちょっと試してみました。

パラアビはこちら

ジッケンダイスキアビパラ

オールSSなうえ、短距離で計測も短時間で済むというとても実験に向いた仔ですw
ただ、ゲートがギリSSだったのは誤算でした^^;;
とはいえカード使って埋めるのはさすがに勿体無いですし、上手いことソニックがついてくれたのでなんとかなるかと^^;

最初5回ほど芝1200、良馬場、ハイペースで計測して

123、124、122、125、123・・・


げ、リミット率が低すぎて検証どころじゃない(;´Д`)

って、よく考えたらこの仔冷徹だから不良にしないとだめじゃないかw

・・・関係ないですけど冷徹な不良ってちょっとカッコよくないです?(違


では、改めて検証。
その他の条件は同じ芝1200、不良馬場、ハイペースです。

2回連続リミットの後の3回目で・・・

オールSS馬でリミット超え

出ました。

計20回やって

125、125、126、124、125、124、125、125、121、125、
125、125、125、125、125、124、125、125、125、124



という結果になりました。

結論として、性格でリミットを超すのは可能なようです。

3回目で突破したので案外高確率で超すのかと思いきや、その後はさっぱり。
さすがに確率としては低いようで相当運がよかったようですw
ただし、この仔は実はまだ性格を極めていませんので、極めたらもう少し確率が上がりそうですし、もっとアビをそろえた馬なら更に上がるかもしれませんね。

それにしても、良馬場のときとの差が結構大きいですね^^;;
重適性はCなので、いくら性格で補強されても適性の差で相殺されてタイムの幅は広がっても平均値はあまり変わらないんじゃないかと思ったんですが・・・
そもそもスペ型のはずなのにはっきりとマイナス補正出たのが121だした1回きりっぽいような^^;

ここまで効果があったのは性格『冷徹』が影響するのがスピードであり、短距離レースと相性が良いという面もあるのかもしれません。

もしかしたら、短距離馬ならスピード個性で更に冷静な性格、長距離馬ならスタミナ個性で呑気な性格の仔が、ポテンシャル的には最強なのかもしれませんね。


超早熟な呑気は危険w


折角呑気な性格に触れたのでついでにw

調教効果減の効果、想像以上ですね。
2歳7月4週にPIした超早熟馬なんですが、12月1週でこれですw

育たない呑気

中助手の山下を使って性格調教中心にしてたので単に調教強度が足りなかったのもあるんでしょうが、それにしても育たなさ過ぎる^^;
スタミナ持続パワーあたりはスカスカなだけで完成してるのかと思いきや、未だに微妙に伸びますw
特化型で使いやすい距離でS3もそれなりにあるけど、Sも3つあるし高助手使うのは勿体無い。
陽気にすれば何とかなるかと思いましたが、なりませんでしたw

もし呑気と判明した超早熟な期待馬がいる場合は、シンザン鉄や高助手、キリンなどを使うか、あるいは性格成長を捨ててでも坂路やウッド一杯調教を中心にするなど、早めに対策したほうが無難かもしれません^^;


でわでわ~^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する