判明

こんばんは、モモです。

本日・・・というか日付は変わりましたが2つ目の記事になります。

顔文字選ぶのは(私にとって)大変なので、モモテイストでお届けします。

先ほどの記事で書いたミズガルズの本賞金(収得賞金)がなぜおかしくなったのか、うがさんと日付跨いでるのに調教もしないで行った検証の結果判明したと思いますので記事にしようと思います。

条件戦での本賞金について



まず条件戦での本賞金の加算額ですが、地道に番組表で馬の賞金を見て調べた所、時期によって異なるようです。

500万以下平場・・・いつでも本賞金400万
500万以下特別・・・1月1週~6月1週まで本賞金400万、6月2週~12月5週まで本賞金600万。
1000万以下平場・・・いつでも本賞金600万
1000万以下特別・・・いつでも本賞金750万
※もしかすると例外もあるかもしれませんが、ざっと見た感じこのようです。

ということは・・・。

2歳で500万以下特別を勝ち、3歳6月2週~4歳6月1週の間に1000万以下特別を勝つとオープン馬になってしまうということですね・・・。

全ての原因は6月2週~12月5週の間、500万以下特別が1000万になっているということでした。

つまり・・・


2歳戦で500万特別を勝った馬でその後暫く勝てなかった場合は1000万以下平場レースを選ぶようにしましょう!


ということなのですね。

何とか解決したので良かったですが、問い合わせをしても特段説明もなく、結局は自分たちで調べないと分からないというのはどうかと思いますね・・・。

あと・・・

これこれ

競馬伝説の本賞金という表記は違和感がある人が多いと思いますが、公式でもやっぱり統一されていなさそうです><

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する